このページの本文へ

マイクロソフト、新機能を追加した“Xbox Live 3.0”の提供を開始

2004年04月23日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は23日、オンラインゲームサービス“Xbox Live”のバージョンアップを行なったと発表した。これはユーザーコミュニティーをより活性化させるために実施したもので、“チーム&コンペティション”と“音声メッセージ”の機能が拡張された。同機能は、今後、各オンラインゲームで随時実装される予定。

“チーム&コンペティション”はフレンド機能を拡張した機能で、友人とチームを編成したり(チーム機能)、オンライントーナメントを開催したりできるようになった。チーム機能に対応したXbox Live対応ゲームで、あらかじめチーム情報に登録しておいたフレンドユーザーを呼び出すことができる。併せて、ゲーム開発者向けにトーナメントを開催するための総合開発環境を提供する。これにより、ゲームメーカーだけでなく、ゲームプレイヤー自身がトーナメントを開催できるようになるという。

“音声メッセージ”は、音声(ボイス)チャット機能を拡張したもので、音声メッセージを残す機能。コミュニティーポータルサービス“Live Now”や今後発売される対応ゲームで利用できるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン