このページの本文へ

Shuttleのキューブ型ベアボーンに“Shuttle誕生20周年記念モデル”が登場

2003年11月05日 23時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RefleXion XPC」 20周年
Shuttle誕生20周年の記念モデル「RefleXion XPC」記念モデルだけに、製品構成はお買い得度の高い

 Shuttle誕生20周年の記念モデルとして、同社から限定モデルとなるキューブ型ベアボーン「RefleXion XPC」が発売された。記念モデルだけに、製品構成はお買い得度の高いものとなっている。



専用キャリーバッグ ケーブル
専用キャリーバッグSerial ATAをはじめケーブル類にはShuttleの文字が入る

 主な特典を羅列するとフロントパネルが鏡面加工、16倍速DVD-ROMドライブ装備、6in1カードリーダー装備、無線LANユニット装備、専用キャリーバッグが付属など盛りだくさん。
 筐体はアルミ製の黒いもので、両サイドにはメッシュ状の通風孔が設けられている。ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×1という構成だが、オープンベイはどちらも標準で搭載されるドライブで使用済みだ。なお電源は容量220Wのものを装備している。



無線LANユニット アンテナ部
限定モデルとはいえ、無線LANユニット装備を標準で装備するキューブベアボーンはおそらく初めてだ
金メッキ加工 筐体
ヒートパープ採用のCPUファンは、限定モデルのためか、金メッキ加工が施されているアルミ製筐体の両サイドにはメッシュ状の通風孔が設けられている

 搭載するマザーボードはチップセットに“i865G+ICH5R”を採用するPentium 4対応のもので、拡張スロットはAGP、PCI共に1本のほかDDR DIMMスロットは2本装備する。オンボードインターフェイスには、ICH5RによるSerial ATA RAIDのほかIEEE1394、10/100Baseイーサネット、6チャンネルサウンドとチップセット内蔵のVGA機能という仕様。またヒートパープ採用のCPUファンは、限定モデルのためか、金メッキ加工が施されている。価格はアークとOVERTOPで4万9800円で販売中だ。 



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ