このページの本文へ

インテル、L3キャッシュ1.5MB版のItanium 2-1.4GHzと低電圧版 Itanium 2-1GHzを発表!

2003年09月09日 23時24分更新

文● 編集部 小板謙次

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インテル(株)は9日、7月に発表した『インテル Itanium 2 プロセッサ 1.5GHz/6M L3 キャッシュ』『インテル Itanium 2 プロセッサー 1.40GHz/4M L3 キャッシュ』『インテル Itanium 2 プロセッサ 1.30GHz/3M L3 キャッシュ』に続き、『インテル Itanium 2 プロセッサ 1.40GHz/1.5MB L3 キャッシュ』と、『低電圧版 インテル Itanium 2 プロセッサ 1GHz/1.5MB L3 キャッシュ』といった2製品を発表した。今回の製品はどちらもデュアル・プロッセッサーまでの対応となっている。

インテル Itanium 2 プロセッサ 1.40GHz/1.5MB L3キャッシュ』は他社製品と比べて高い処理能力をアピール
インテル Itanium 2 プロセッサ 1.40GHz/1.5MB L3キャッシュ』は他社製品と比べて高い処理能力をアピール
『低電圧版 インテル Itanium 2 プロセッサ 1GHz/1.5MB L3キャッシュ』はMcKinleyと同等性能でありながら半分の消費電力を実現
『低電圧版 インテル Itanium 2 プロセッサ 1GHz/1.5MB L3キャッシュ』はMcKinleyと同等性能でありながら半分の消費電力を実現

『インテル Itanium 2 プロセッサ 1.40GHz/1.5MB L3 キャッシュ』は従来製品と同クロックでありながらL3キャッシュを2分の1以下に抑えることによって、1000個受注時の単価を13万8500円にまで下げ、科学技術計算処理ほかクラスター・ソリューションなどフロントエンドの市場を狙ったもの。一方の『低電圧版 インテル Itanium 2 プロセッサ 1GHz/1.5MB L3 キャッシュ』は“Deerfield(コード名)”と呼ばれていたもので、説明にあたったプラットフォーム&ソリューションズ・マーケティング本部エンタープライズ・ソリューションズ・グループ プラットフォーム マーケティング部長の小山信寛氏は「第2世代のItaniumであるMcKinleyと同等性能でありながら半分の消費電力を実現している。よりフロントエンドにフォーカスした製品で、エントリーレベルのRISCプラットフォームの置き換えに最適としている」と説明した。1000個受注時の価格は8万7900円。



今回の2製品の投入により、低コストのプラットフォームへと市場を拡大する
今回の2製品の投入により、低コストのプラットフォームへと市場を拡大する
インテル Xeon プロセッサの市場が置き換わっていくものと考えられる
インテル Xeon プロセッサの市場が置き換わっていくものと考えられる

7月に発表されたL3キャッシュ3~6MB版 Itanium 2やXeon プロセッサ MPがERP、ERP、アプリケーションサーバーの市場を狙ったものであるのに対して、今回の製品は前述のような従来Xeonプロセッサが主流であったエントリー向けの市場への拡充を狙っている。ターゲットとしているアプリケーションはシステムマネージメントやインターネットインフラ(プロキシー、キャッシュ)などを含むネットワークエッジやセキュリティー関連、ソフトウエアエンジニアリング市場としている。

会場には新製品を搭載したシステムがズラリと並んでいた
会場には新製品を搭載したシステムがズラリと並んでいた
デルコンピュータ(株)が『PowerEdge 3250』が内部を公開
デルコンピュータ(株)が『PowerEdge 3250』の内部を公開
『低電圧版 インテル Itanium 2 プロセッサ 1GHz/1.5MB L3キャッシュ』が2基搭載されている
『低電圧版 インテル Itanium 2 プロセッサ 1GHz/1.5MB L3キャッシュ』が2基搭載されている

会場には、デルコンピュータ(株)、日本ヒューレット・パッカード(株)、(株)エッチ・アイ・ティー、(株)日本コンピューティングシステム、プロサイド(株)といったメーカーが搭載製品を展示していた。低電圧版インテル Itanium 2 プロセッサを搭載した製品としてはデルコンピュータ(株)が『PowerEdge 3250』を9月下旬から出荷予定、日本ヒューレット・パッカード(株)が『HP Workstation zx2000』を本日から受注開始、プロサイド(株)が『NETrage 64 i8650』の発売を予定している。(株)エッチ・アイ・ティーは『インテル Itanium 2 プロセッサ 1.40GHz/1.5MB L3キャッシュ』を搭載した『HPC-IA642/T2-1.4G/1.5』をアナウンス、(株)日本コンピューティングシステムも同プロセッサーを搭載した製品を『ITD-2U』『ITD-4U』に追加する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン