このページの本文へ

AOpenの本命ケース!?アルミ製ATX対応ケース「A600」に電源搭載、非搭載の2モデルが登場

2003年06月11日 23時59分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
A600A(No Power)
電源非搭載モデル「A600A(No Power)」

 AOpenから、アルミ製ケース「A600」が発売された。電源非搭載モデル「A600A(No Power)」と、350W電源搭載モデル「A600A-350W」の2モデルがラインナップされており、「A600A」は窓付きのサイドパネルを採用、「A600A-350W」は窓がないかわりにCPUクーラ用通風孔を装備している。



サイドパネルに窓付き 内部
電源非搭載モデルはサイドパネルに窓付きのパネルを採用ケースサイズは495(D)×200(W)×476(H)mmでシャドウベイ×6を装備
背面にファンコン スマートスライドイン方式のブラケット
前面/背面ともに風量がH/M/Lの3段階で調節可能ドライブの取り付けは、ネジを使用する必要のないスマートスライドイン方式のブラケットを採用

 ケースサイズは495(D)×200(W)×476(H)mmで、フロントパネルは5インチベイ×4、3.5インチベイ×2という構成、ベイを囲むように薄い緑色のアクリル製パネルが付く。フロントアクセスポートにはUSB/ヘッドフォン/マイク/IEEE1394を装備。ケース内部はシャドウベイ×6を装備し、各ベイへのドライブの取り付けは、ネジを使用する必要のないスマートスライドイン方式のブラケットを採用している。ファンは標準でリアにカラーLED付12cm角×1を搭載し、フロントにはオプションで8cm角を増設可能。リアパネルに搭載される2系統のファンコントローラを使用して、前面/背面ともに風量がH/M/Lの3段階で調節可能だ。全体的な作りはしっかりした印象で、そのサイズや価格設定からもAOpenの本命ケースといえそうだ。販売しているのはOVERTOPで電源非搭載モデルA600Aが1万2500円、350W電源搭載モデルA600A-350Wが1万7300円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ