このページの本文へ

メルコから東芝製ドライブの4倍速書き込みDVD-RWが発売

2003年06月07日 21時45分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ
「DVR-R42FB」。同社の内蔵型4倍速DVD-RWドライブとしてはこれが2番目

 メルコから、4倍速書き込み対応のDVD-RWドライブ「DVR-R42FB」が発売された。同社からはすでにパイオニア製ドライブを採用した「DVR-42FB」が発売されているが、今回の製品は東芝製ドライブ「SD-R5112」を採用しているのが特徴だ。



「SD-R5112」
ドライブは東芝「SD-R5112」を採用

 スペックはDVD-R書き込み最大4倍速 、DVD-RW書き換え2倍速、DVD-ROM読み出し最大12倍速、CD-R書き込み最大16倍速、CD-RW書き換え最大10倍速、CD-ROM読み出し最大40倍速となっており、「DVR-42FB」と比較するとCD-RW書き買えが8倍速から10倍速に、CD-ROM読み出しが32倍速から40倍速にそれぞれ高速化されている。
 同梱ソフトはライティングソフト「B's Recorder GOLD5」、パケットライティングソフト「B's CLiP5」、ビデオ編集ソフト「ShowBiz」、DVDオーサリングソフト「MyDVD」、ソフトウェアDVDプレーヤ「CinePlayer」。価格はTSUKUMO eX.で2万1799円と比較的低価格で、ショップによっては2万円を割る価格も出現するものと思われる。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ