このページの本文へ

自分好みのフロントに!Shuttleからキューブ型ベアボーンPC用オプションパーツが3製品同時発売

2003年04月19日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Shuttleから同社のキューブ型ベアボーンPC用オプションパーツが3製品同時に発売された。特に前面パネル用のオプションパーツ「PF20」は自分の好みにあった画像をフロント部に貼りつけることができるというユニークな製品だ。

 PF20はアクリル製の透明なパネルとそのパネルデザインに合わせて切りこみが入った印刷用紙(複数枚)、画像を加工するソフトの3点で構成されている。これらを使用することで、PCに取り込んだ画像を貼りつけることが可能になり、自分仕様のオリジナルフロントができるわけだ。なお対応機種は「SS40G」、「SK41G」、「SS51G」、「SB51」となっている。価格はスーパーコムサテライトで4250円、コムサテライト3号店で4380円、OVERTOPで4762円、WonderCityで4980円となっている。

パネル 印刷用紙
アクリル製の透明なパネル切りこみが入った印刷用紙(複数枚)
ソフト オリジナルフロント
画像を加工するソフト自分仕様のオリジナルフロントができる

 次にキューブ型ベアボーンPC用赤外線のリモコン「PN31」。黒いデザインの“Shuttle”ロゴ入りのリモコンとUSB接続の受信部のセットとなっている。マニュアルによるとリモコンには「Mouse Control Pat」という円形の部分があり、マウス操作も可能なようだが詳細は不明。ほかに動作には単4電池2本が必要。対応機種は「SS40G」、「SK41G」、「SS51G」、「SB51」、「SN41G2」ほか幅広く対応するようだ。価格はアークで4480円、コムサテライト3号店で4680円、OVERTOPで4762円、スーパーコムサテライトで4800円、WonderCityで4980円となっている。

リモコンと受信部 マウス操作も
“Shuttle”ロゴの入りのリモコンとUSB接続の受信部マウス操作も可能のようだ

 最後にAthlon対応チップセット“nForce2-GT”を搭載した「SN41G2」用のDVI増設カード「CV22」。需要としてはかなりニッチな印象も受けるが、AGPスロットに差すだけでDVIコネクタを増設できる。価格はスーパーコムサテライトで2950円、アークとコムサテライト3号店、WonderCityで2980円となっている。

CV22 SN41G2専用
DVI増設カード「CV22」「SN41G2」専用のようだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ