このページの本文へ

キューブ型ベアボーンに?! 「FS51」用3.5インチベイカードリーダ/ライタが発売

2002年11月09日 21時17分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「FS51」用オプション「PC10」

 星野金属工業(ソルダム)「MJ2」Shuttle「SS51G」など多くのキューブ型ベアボーンPCで採用されているShuttle製マザーボード「FS51」。その純正オプションとして、3.5インチベイ用カードリーダ「PC10」が発売された。



前面ベゼル 内部基板
接続ケーブル、そうは見えないけどUSB パッケージ

 接続はUSBとなっており、「FS51」に用意されている前面ポート用の端子を利用してマザーボードに直接接続する仕組み。メモリースティック、コンパクトフラッシュ(Type I/II)、マイクロドライブ、スマートメディア、SDメモリーカード、マルチメディアカード(MMC)と、Magic Gate対応メモリースティックを除けば現行のほぼすべてのメディアに対応する。ベゼルのデザインはごくシンプルなものだが、光沢の入ったホワイトというカラーリングのためスタイリッシュなベアボーンPCにも合いそうで、パッケージもそれを意識した写真が使われている。ケース外にケーブルを出さずにすっきり接続できるということで、使用頻度の低いFDDと交換してみるのもいいだろう。価格はコムサテライト1号店で4280円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ