このページの本文へ

「自己責任で液体窒素でもなんでもやっちゃって下さい!!」MSIから「845PE Max3-FISR」登場

2003年04月12日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「845PE Max3-FISR」 シール
「845PE Max3-FISR」「OCマニア御用達FSB800MHz/DDR400設定を用意。自己責任で液体窒素でもなんでもやっちゃって下さい!!」となんとも過激な文句が
「MSI 800 Edtion」 マニュアル
North Bridge上のファンやSouth Bridge上には「MSI 800 Edtion」と記載されたシールが貼られているFSB800MHzでの動作やDDR400での動作は自己責任の範疇
DDR400対応リスト オーバークロックの説明
PC3200(DDR400)対応リストマニュアルにはオーバークロックの説明が記載

 MSIから“i845PE”搭載でFSB800MHzを設定可能なマザーボード「845PE Max3-FISR」が発売された。パッケージに貼られているシールには「OCマニア御用達FSB800MHz/DDR400設定を用意。自己責任で液体窒素でもなんでもやっちゃって下さい!!」となんとも過激な文句が書かれている。

 同社サイトのリリースによると「FSB800MHz動作時に発生する発熱や信号ノイズ問題に対応するべく、配線パターンの最適化によりバス信号安定度を従来比50%向上させると共に、より発熱の少ない回路設計へと変更致しました」という記述がみられる。ただやはりFSB800MHzでの動作やDDR400での動作は自己責任の範疇ということになるようだ。主な仕様はAGP×1、PCI×6、CNR×1、PC3200(DDR400)まで対応したメモリスロットが3という構成。そのほかインターフェイスとしては“CMI8738MX”によるサウンド、“VT6306”によるIEEE1394、“82540EM”によるギガビットイーサネット、“PDC20376”によるSerial ATA/Ultra ATA 133対応RAIDと豊富だ。North Bridge上のファンやSouth Bridge上には「MSI 800 Edtion」と記載されたシールが貼られており、パッケージも含めFSB800MHz動作をかなり強調した作りとなっている。価格はスーパーコムサテライトとZOA秋葉原で1万9480円、USER'S SIDE本店で1万9800円、クレバリー1号店で1万9980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ