ASCII.jp

拡大画像

FSB800MHzでの動作やDDR400での動作は自己責任の範疇

記事に戻る