このページの本文へ

AbitからもFSB800MHz対応?のi845PEマザー「BH7」が発売!

2003年03月06日 23時02分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
BH7 BH6の後継?
「BH7」。“440BX”時代に一世を風靡した「BH6」の後継か?と思ってしまうネーミングだ

 昨日発売されたAlbatronの「PX845PEV-800」に続き、“i845”ながらFSB800MHzへの対応をうたうマザーボード「BH7」がAbitから発売された。マニュアルにはFSB800MHzに関連した記述は一切ないが、Abitのウェブサイトの情報では冒頭に“Master of Over Clocking :FSB 800/DDR 400”の文字が。「PX845PEV-800」と同じく、オーバークロック機能により対応しているものと思われる。



寝かされたIDEとSerial ATA S/PDIF×2

 拡張スロットはAGP×1、PCI×5、DIMM×3。オレンジ色の基板と横に寝かされたIDEインターフェイスが目を引くが、この他変換チップを介しIDEインターフェイス1つと排他利用という形でSerial ATAインターフェイス1つをそなえている。Realtek製“RT8101L”チップによる10/100Base-TX対応イーサネット機能がオンボードとなっているほか、このところの流行でもあるS/PDIF端子をバックパネル部にそなえるが、1ポートのみという製品がほとんどである中2ポートとなっているのが特徴。



マニュアルには「FSB800MHz」の文字は一切なし

 マニュアルで紹介されているオーバークロック関連の機能の中で、具体的な内容が明らかにされているものは少なく、FSBが100MHz~250MHzまで、FSB/メモリクロック比が1:1か3:4(FSB400MHzの場合)もしくは1:1か4:5(FSB533MHzの場合)となっている。価格はTSUKUMO eX.で1万1799円と安価。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ