このページの本文へ

液冷式クーラー改良型が登場!ラジエータが大きくなった!

2003年02月27日 23時40分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CP-102

 昨年11月に登場した、液冷式CPUクーラー「Blue Ice(CP-100)」の改良型が発売された。販売元は同じくプロサイド、型番は「CP-102」。



ちょっとだけ改良 スペック

 「CP-100」の登場時から予告されていた製品で、以前のバージョンに対し銅製ラジエータが倍以上の高さへと大型化されているのが特徴。そのほかは特に変わるところはないが、本体横の冷却液が通る水路がプラスチック製からベースと一体のアルミ製となっている。このため重量が「CP-100」の395gから485gへとかなり重くなってしまっている点は注意だ。販売を開始したのはCUSTOMとスーパーコムで、価格はそれぞれ8480円、8750円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ