このページの本文へ

アイ・オー、HDDの情報を消去するソフト『DiskRefresher』のライセンス販売を開始

2002年12月18日 21時50分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は18日、HDDの情報を完全消去するソフト『DiskRefresher(ディスクリフレッシャー)』の法人向けライセンス販売を12月中旬に開始すると発表した。同製品は2002年3月から同社のHDDやMOドライブなどのストレージ製品に添付されてきた。

『DiskRefresher』『DiskRefresher』

『DiskRefresher』はSCSI、USB 2.0/1.1、IEEE1394接続のHDDと、内蔵HDDの消去に対応したソフト。HDDのフォーマットだけでは消去しきれないデータを完全に消去する。ブータブルCDとなっており、CD-ROMから起動して消去することも可能。

消去方法は、ゼロで上書きする方式、乱数で上書きする方式のほか、米国国家安全保障局方式/米国陸軍方式/米国海軍方式/米国国防総省方式/米国コンピュータセキュリティセンタ方式の7種類の方法が用意されている。消去時間はゼロクリア1回で40GBを消去した場合で約50分。Windows上で複数のドライブを同時に消去でき、消去結果を確認できる“セクタダンプ機能”を搭載する。

動作機種はPC/AT互換機とPC98-NX、対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE/98。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン