このページの本文へ

QTNet、九州内一律3分8円のIP電話サービス“BBIQフォン”を開始

2002年12月13日 22時07分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

九州通信ネットワーク(株)は13日、光ファイバーによるブロードバンドサービス“BBIQ(ビビック)”において、IP電話サービス“BBIQフォン”を21日に開始すると発表した。同日付けで総務大臣に契約約款の届け出を行なった。

サービス概要
サービス概要

“BBIQフォン”で提供するサービスは、加入者から一般公衆網への通話、加入者相互間の通話となる。当面、公衆網からの着信は行なえないが、公衆側の対応ができ次第、サービスに加えるとしている。サービスの提供エリアはBBIQの提供エリアとなる。

料金は、基本料が月額300円、BBIQフォンターミナル利用料金が月額300円。通話料金は、BBIQフォンの加入者間の通話は無料で、一般電話への通話は、九州域内(離島への発信を含む)が3分8円、九州域外で60kmまでが3分15円、69km超では3分30円。初期費用は、初期登録料金が2000円。工事料金は、BBIQフォンターミナル取り付け工事料金がBBIQ契約者の場合6000円で、新規にBBIQとBBIQフォンを同時に契約する場合は3000円となる。同社では、2003年3月31日までにBBIQフォンを申し込めば、初期費用とBBIQフォン開通後2ヵ月ぶんの月額料金を無料とするキャンペーンを実施するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン