このページの本文へ

あの「線上のメリークリスマス」の後継モデルも!USB接続のクリスマスツリーが2種類販売開始

2002年12月06日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月28日の記事でもお伝えした通り、USB接続式のクリスマスツリー 「線上のメリークリスマスII」」(型番:AIG-Xmas2/U)が明日から販売開始となる。 また、光ファイバーを利用した「オールファイバーツリー」なる製品も登場しており、 12月に入りアキバも一気にクリスマスモード突入といったところ。

 線上のメリークリスマスIIは、本体のスイッチをオンにするとクリスマスソングが 流れて中のツリーが点滅、発泡スチロールの雪が降るというもで、 昨年発売された線上のメリークリスマスの後継にあたる。 今回新たに改良が加えられた点としては、高さが5cm高くなって雪が綺麗に降る、天辺の星の中にLEDが入って 光る、底部の電池ボックスがなくなりUSBケーブルが取り外し可能になったところだ。 なお、スイッチの切り替えによりクリスマスソング無しでも使用できる。

「線上のメリークリスマスII」」 雪が綺麗に降る プレゼントに
「線上のメリークリスマスII」昨年のモデルより高さが5cm高くなって雪が綺麗に降るクリスマスプレゼントにいかが?

 一方のオールファイバーツリーは、光ファイバーを何本も木の様に束ねたもので 先端が赤、紫、青などに光る。暗くした所で光る様子は、なんとも幻想的な雰囲気で 前述の線上のメリークリスマスIIとは対照的な感じ。 どちらも販売しているのはコムサテライト3号店で、価格は線上のメリークリスマスIIが 3980円、オールファイバーツリーが1780円となっている。

「オールファイバーツリー」 光る様子 先端
「オールファイバーツリー」なんとも幻想的な雰囲気先端が赤、紫、青などに光る
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ