このページの本文へ

書き込み速度24倍の最速スリムコンボドライブがTEACから!

2002年11月07日 22時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
本体
最速スリムコンボドライブ「DW-224E」

 スリムコンボドライブとしては最速となる24倍書き込みを実現した「DW-224E」がTEACから発売された。現在最速のコンボドライブとしてはPanasonic「UJDA730」(16倍書き込み)がすでに販売されているが、24倍書込みに対応した製品は今回がはじめてとなる。書き換え速度は10倍となっている。



型番 ベゼル 付属
型番DW-224Eの表記が見えるベゼルは黒付属ソフトのB's GOLD 5.0
モック

 DW-224Eの基本スペックは、インターフェイスがATAPIで書き込み速度24倍、書き換え速度10倍、CD-ROM読み込み速度24倍、DVD-ROM読み込み速度は8倍となりバッファメモリに2MB、バッファアンダーラン防止機能を搭載する。ベゼルの色は黒で、付属ソフトには“B's GOLD 5.0”が付く。また、同じドライブを使用したUSB1.1/2.0対応外付けコンボドライブ「DW-2245PU」も近々登場予定となっておりOVERTOPでは製品のモックが展示中だ。価格は、OVERTOPで2万2800円となっている。



本文中およびキャッチにて「書き換え速度24倍」との表記がありましたが、書き換え速度は10倍でした。上記のように訂正し、お詫び申し上げます。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ