このページの本文へ

さらに小さく!Atoz製の超小型Socket478ベアボーンの廉価モデルが登場!

2002年10月25日 23時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
さらに小さく てのひらサイズ
さらに小さくなったE5041Dてのひらサイズ?のPen4マシン

 今月初めに発売された超小型Socket478ベアボーンPC、Atoz製(販売元ハングオン)「E7041S」。その機能を縮小し、サイズをより小さくした廉価モデル「E5041D」が登場した。今回発売されたE5041Dの特徴も当然そのサイズ。前作E7041Sの大きさがメーカーホームページによると62(H)×195(D)×160(W)mmだったが、今回のE5041Dはそれよりさらに小さくなる58(H)×157(D)×146(W)mm。



各コネクタ類その1 各コネクタ類その2
各コネクタ類その3
各コネクタ類が3面に分けて配置されたことにより、さらに小さくなった

 販売元のハングオンによると、基本的なスペックはすでに発売中のE7041Sと同じでCPUがPentium 4対応、チップセットは“SiS650”を採用し、搭載しているCD-ROMドライブは24倍読み込みとなるようだ。色はメタリックブラック、横置き専用となる(E7041Sでは縦横どちらも可能)。ほぼ全てのインターフェイスに対応していたE7041Sと比べて省かれた機能は、S/PDIF、Video出力、USB2.0対応の他、1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応だったイーサネット機能が100Base-TX/10Base-T対応に変更され、PCカードスロットも省かれている。またDDR SO-DIMMスロットが2本から1本に減っている。



裏 付属品
横置き専用になる付属品

 一部機能が省かれた廉価版とはいえ、その他の基本的な機能(IEEE1394やモデム、USB1.1など)はそろっており、省略されて減った各コネクタ類を、ドライブ以外の3面に分けて配置することで、さらなる縮小化に成功している。その他、専用の英語マニュアルや電源用ACアダプタ、モジュラーケーブルなどが付属する。価格は高速電脳で6万3800円、コムサテライト1号店で6万5800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ