このページの本文へ

デルコンピュータ、モバイルPentium 4-M-2.20GHz搭載ノート『Inspiron 8200』など2製品を発売

2002年09月17日 16時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は17日、個人向けノートパソコン“Inspiron”シリーズで、モバイルPentium 4-M-2.20GHzを搭載した最上位機種『Inspiron 8200』の販売を同日付けで開始すると発表した。併せて、同CPUを搭載したモバイルワークステーション『Dell Precision Workstation M50』の販売も開始する。購入・問い合わせ窓口は、TEL.044-556-6190または同社の直販サイト“オンライン・ストア”。

『Inspiron 8200』
『Inspiron 8200』

『Inspiron 8200』は、最大1024MBのPC2100対応のDDR SDRAMメモリー、最大60GBのUltraATA/100対応のHDDが搭載可能なノートパソコン。15インチカラー液晶ディスプレーは、SXGA+(表示解像度1400×1050ドット)、UXGA(同1600×1200ドット)を選択できる。ビデオチップは、米エヌビディア社の『GeForce2 Go』(32MBのDDRビデオメモリー)または『GeForce4 440 Go』(32MB/64MBのDDRビデオメモリー)を採用する。V.92対応の56kbps Faxモデム、10/100BASE-TXのLANポートのほか、ワイヤレスLAN用アンテナを内蔵する。オプションのワイヤレスLANカードを装備することで、ワイヤレスLAN環境に対応できる。IEEE1394ポートも搭載する。サイズは幅331×奥行き276×高さ44.5mmで、重量は3.5kg。

モバイルPentium 4-M-2.20GHz搭載モデルは、845MPチップセット、128MBメモリー、30GB HDD、15インチUXGA液晶ディスプレー、24倍速CD-ROMドライブ、GeForce2 Go 32MB DDRビデオメモリーの構成で、OSがWindows XP Home Editionの場合、価格が27万9800円。24時間プレミアム電話サポート(電子メールサポート付き)と3年間引き取り修理サービスが付属する。

『Dell Precision Workstation M50』
『Dell Precision Workstation M50』

『Dell Precision Workstation M50』は、845MPチップセット、エヌビディアのワークステーション向けグラフィックスカード『Quadro 4 500 Go GL』(64MB DDR SDRAM)を搭載し、OpenGLやDirectXに対応した2D/3Dアプリケーションに最適化されているのが特徴。ディスプレーは15インチDell Ultrasharp UXGA液晶ディスプレー(1600×1200ドット)。最大で1024MBのDDR SDRAMメモリー、100GBのUltraATA/100対応HDDを搭載できる。IEEE1394ポートやSビデオポート、V.92対応の56kbps内蔵モデム/NICコンビネーションカードを装備する。ワイヤレスLANアンテナを内蔵し、オプションのワイヤレスLANカードを装着することで、11MbpsのワイヤレスLANに対応できる。OSはWindows XP Professional日本語版/英語版またはWindows 2000 Professional(SP2)日本語版/英語版。本体サイズは幅331×奥行き276×高さ44.5mm、重量は3.44kg。

モバイルPentium 4-M-2.20GHz搭載モデルは、256MBメモリー、40GBのHDD、24倍速CD-RW&DVDコンボドライブの構成で、OSがWindows 2000 Professionalの場合、価格は44万9500円。24時間プレミアム電話サポート(電子メールサポート付き)と3年間引き取り修理サービスが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン