このページの本文へ

ケイ・オプティコム、FTTHサービスを関西で開始

2002年01月29日 18時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ケイ・オプティコムは28日、光ファイバーをユーザー宅まで引き、最大100Mpbsのインターネット接続を提供するサービス“eo(イオ)メガファイバー(ホームタイプ)”を4月1日に関西地区で開始すると発表した。併せて、法人向けのインターネット接続サービス“ビジネスeo”に新メニューを追加したほか、“IP-VPNサービス”の料金を改定したことを発表した。

“eoメガファイバー”は、光ファイバーを利用した、上り下りともに最大100Mbpsのインターネット接続サービス。月額料金は、プロバイダー料金を含め5500円程度で、機器使用料は500円。初期費用は、契約事務手数料が3000円、工事費が3万円程度となる。サービスは、関西2府4県の78市町で展開し、約540万世帯をカバーする予定。2月1日に事前登録を開始し、4月1日にサービスを開始する。正式申し込み後2ヵ月で、サービスが開始されるという。なお、同社では2月28日までに事前登録したユーザーには、「3月末までに紹介したユーザーが申し込みをした場合、1人の紹介につき5000円の商品券を進呈する特典」、および「抽選で1000名に1万5000円の商品券を進呈する特典」が用意されている。

併せて、法人向けインターネット接続サービス“ビジネスeo”にライトコースを追加することを発表した。追加するコースは、10Mbpsで8IPと16IPの2種類。20時から翌朝8時までの夜間の帯域を20分の1程度にすることにより、従来の10Mbpsの料金よりも安く提供するという。価格は8IPで4万5000円、16IPで8万円。2月1日にサービスを開始する。

また、パケットの高速転送を可能にするスイッチング技術“MPLS(Multi Protocol Label Switching)”技術を採用し、ユーザーごとに個別のラベルを割り当てたネットワークを構築する“IP-VPNサービス”に低速サービスを追加するとともに、料金を改定することも発表した。追加するサービスは、256kbpsコース(月額料金は4万5000円)、512kbpsコース(7万円)および、1Mbpsコース(11万5000円)。料金改定では、1.5Mbpsが現行20万円から15万円に、8Mbpsが現行55万2000円から52万6000円に値下げとなる。2月1日から新価格体系となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン