このページの本文へ

IntelPlayの新作、デジタルビデオカメラ“Digital Movie Creator”が日本上陸!

2001年10月04日 21時01分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Digital Movie Creator

 顕微鏡録音機など、ポップなスタイルの家庭用(お遊び用?)低価格USBデバイスを販売しているIntelのハードウェアブランド、IntelPlay。その新作、USB接続デジタルビデオカメラ“Digital Movie Creator”が登場した。



Digital Movie Creator

 セット内容は、録音もできるデジタルビデオカメラ本体とその据え置き用台座兼USB接続クレードル、そしてビデオ編集ソフトというもの。本体はひと昔前のガングリップ式ビデオカメラを模した形状で、液晶ファインダはなくレンズ式ファインダのみ。
 サポートするファイル形式は動画はAVIのみ、静止画はJPGとBMP、音声はWAVのみで、動画は付属の編集ソフトを使用すればWMVファイルへの変換も可能。各種記録メディアは使用できず、カメラ単独で使用する場合は内蔵のメモリに保存され、最大録画可能時間は4分間という限られたもの。ただし台座に装着し直接PCと接続すれば、HDD容量が許す限りの録画が可能である。



Digital Movie Creator

 今回発売されたのは本国でも発売されたばかりの英語輸入版で、いずれは日本語版も登場するものと思われる。
 価格はぷらっとホームで1万4800円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ