このページの本文へ

各社がPentium 4-2.0GHz搭載パソコンを発売

2001年08月29日 21時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米インテル社が現地時間の27日にPentium 4-2.0GHzを発表した。それを受けて、各社が搭載パソコンを28日に一斉に発表。ここでは5社の製品を紹介する(社名の50音順)。

ソーテック

『PC STATION E4200AV』
『PC STATION E4200AV』(液晶ディスプレーはオプション)

(株)ソーテックは、デスクトップパソコン“PC STATION E”シリーズのハイエンドモデルとなる『PC STATION E4200AV』を28日から販売すると発表した。直営ショップとインターネットなどの“ソーテックダイレクト”で注文を受け付ける。主な仕様は、850チップセット、256MBメモリー(RDRAM)、NVIDIAのGeForce2 GTS(64MB)、80GBのHDD(UltraATA/100)、CD-R/RWドライブ(CD-R書き込み12倍速/CD-RW書き込み8倍速/CD-R読み込み32倍速)、16倍速DVD-ROMドライブ、テレビチューナー、10/100BASE-TXインターフェース、Windows 2000など。ウーハー/スピーカーなどが付属する。本体サイズは幅200×奥行き500×高さ434mm、重量は約12.5kg。価格は23万8000円から。ディスプレーはオプション。

デルコンピュータ

デルコンピュータ(株)は、デスクトップパソコン『Dimension 8100』とワークステーション『Precision WorkStation 330』の最上位モデルとしてPentium 4-2.0GHz搭載モデルを追加した。同日より販売する。

『Dimension 8100』
『Dimension 8100』

『Dimension 8100』の主な仕様は、850チップセット、128MBメモリー(RDRAM)、40GBのHDD(UltraATA/100)、NVIDIAのGeForce MX 32MB、SoundBaster Live! Value、48倍速CD-ROMドライブ、10/100BASE-TXインターフェース、Windows Me。17インチFDトリニトロンCRTディスプレーと、harman/kardon HKLEステレオスピーカーが付属する。本体サイズは幅203×奥行き445×高さ487mm、重量は約15kg。B.T.Oに対応し、価格は19万8800円から。

『Precision WorkStation 330』
『Precision WorkStation 330』

『Precision WorkStation 330』の基本仕様は、850チップセット、256MBメモリー(RDRAM)、20GBのHDD(UltraATA/100)、MatroxのMillennium G450、48倍速CD-ROMドライブ、10/100BASE-TXインターフェース、Windows 2000。本体サイズは、幅221×奥行き452×高さ490mm。ディスプレーはオプション。価格は23万8500円から。

日本コンピューティングシステム

(株)日本コンピューティングシステムは、“Vintage Desktop”シリーズにPentium 4-2.0GHz搭載モデルを追加し、同日付けで受注を開始した。ラインアップは、“ハイエンドIDEモデル”の『VC82000XA』、“ハイエンドSCSIモデル”の『VC82000XAS』、“スタンダードIDEモデル”の『VC82000XAK』の3モデル。併せて1.9GHz搭載モデルも発表した。

『VC82000XA/XAS/XAK』
『VC82000XA/XAS/XAK』(ディスプレーはオプション)

『VC82000XAK』の主な仕様は、850チップセット、256MBメモリー(RDRAM)、40GBのHDD(UltraATA/100)、GeForce2 MX 32MB、16倍速DVD-ROMドライブ、V.90対応56kbpsモデム、Windows Me。『VC82000XA』は、グラフィックカードをNVIDIAのGeForce2 GTS 32MBに、HDDを75GB(UltraATA/100)に、サウンドオンボードからSoundBlaster Live Value!に変更し、モデムを外したモデル。『VC82000XAS』は、VC82000XAのHDDを毎分1万回転の18.4GB(Ultra160 SCSI)に変更し、SCSIインターフェース『Adaptec ASC-29160』を追加したモデル。本体サイズはともに幅248×奥行き502×高さ470mm。価格は82000XAが25万5000円、82000XASが29万8000円、82000XAKが22万2000円。B.T.O.に対応する。

日本ヒューレット・パッカード

日本ヒューレット・パッカード(株)は、企業向けハイエンドパソコン『hp vectra vl800』とミッドレンジのWindowsワークステーション『hp workstation x2000』の最上位モデルを発表した。9月15日に販売を開始し、9月下旬に出荷を開始する。価格はvectra vl800が36万9000円で、workstation x2000が81万8000円。

『hp vectra vl800』
『hp vectra vl800』

『hp vectra vl800』(P3642A#301)は、850チップセット、512MBメモリー(RDRAM)、40GBのHDD(UltraATA/100)、NVIDIAのGeForce2 GTS、12倍速DVD-ROMドライブ、CD-R/RWドライブ(CD-R書き込み8倍速/CD-RW書き込み4倍速/CD-ROM読み込み32倍速)、10/100BASE-TXインターフェース、Windows 2000の組み合わせとなる。本体サイズは幅206×奥行き455×高さ469mm、重量は14kg。ディスプレーはオプション。

『hp workstation x2000』『hp workstation x2000』

『hp workstation x2000』は、850チップセット、1GBメモリー(RDRAM/ECC付き)、36GBのHDD(毎分1万回転/Ultra160 SCSI)、48倍速CD-ROMドライブ、ATIテクノロジーズのFireGL2(64MB)、10/100BASE-TXインターフェース、Windows 2000の組み合わせ。本体サイズは幅210×奥行き185×高さ490mm、重量は14kg。ディスプレーはオプション。

ロジテック

ロジテック(株)は、法人向けパソコンの最上位モデルとしてミドルタワータイプの『LPC-PF20BW/BSP』を9月上旬に発売すると発表した。法人向けのため、一般向けには販売しない。

『LPC-PF20BW/BSP』『LPC-PF20BW/BSP』

『LPC-PF20BW/BSP』の主な仕様は、850チップセット、128MBメモリー(RDRAM)、40GBのHDD(UltraATA/100)、MatroxのMillennium G450、48倍速CD-ROMドライブ、10/100BASE-TXインターフェース、Windows 2000など。本体サイズは幅198×奥行き465×高さ425mm、重量は14kg。価格は19万8000円。ディスプレーはオプション。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン