このページの本文へ

インターネットステーション「Necca」がアキバにオープン!

2001年06月23日 20時19分更新

文● R

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
おまたせしました

 高速回線に繋がったPCでオンラインゲームなどが楽しめるインターネットステーション「Necca秋葉原店」が中央通り沿い、廣瀬本社ビル4Fにオープンした。廣瀬本社ビルは土日になると毎週のように各種イベントが開催されることでお馴染みのビル。すでに2、3Fはゲームセンターとして5月にオープンしていたけれど、4FのNeccaは23日がプレオープン初日。メンテナンス等を行いながら1週間ほど営業し、30日(土曜日)にグランドオープンする予定となっている。



店内
店内のようす。奥のスクリーンも高速回線に繋がっていて、イベントなどの時に渋谷や韓国のようすなどをレポートしてくれるのだ

 Neccaはインターピアなど韓国・日本のサムスングループ各社が運営するインターネットステーション(インターピアでは「オンラインコンテンツを提供する“オフラインポータル”」と呼んでいる)。会員登録をすれば、10分あたり120円という料金で高速回線に繋がったPCを利用できる。すでに渋谷店はビジネスからエンターテインメントにまで幅広く利用できるスポットとなっていたけど、秋葉原店は「オンラインゲームに特化したアミューズメント施設として運営する」(Neccaを運営するインターピア)というから、見逃せないスポットになりそう。もちろん、30分200円で自分のノートPCから高速回線を利用できる“モバイルゾーン”もあるからゲーム以外の利用も十分可能だ。



AoK
入り口横の棚からゲームを借りて、プレイするシステム。課金はPCへのログイン時間に応じて
AoK
“AoK”(Age of Empire II:Age of Kings)や各種FPSが人気を集めていた。渋谷店では、1人あたりだいたい2時間程度の利用するとのことで、アキバでもそんな感じになりそうだ。ちょうどAoK 1回分?
オフ会告知

 なお、現在同店ではセガの「バルダーズ・ゲート2シャドウズオブアムン完全日本語版」が7月6日の発売に先駆けて稼働中。また、30日のグランドオープン時には、移植を担当したカプコンの開発者による解説も交えながら、アキバと新宿、そして韓国のPC房(バン)で同時に「DIABLO II」の拡張キット「DIABLO II:Load of Destruction」の“発売記念オフ会”を開催する予定なのだ。さらに、今後の予定として渋谷店で好評な“韓国のプロゲーマーとの対戦”や、夏休みには日韓で10対10のオンラインサッカー対戦大会も企画されているというから、これは要チェック。詳細は、Neccaのウェブサイトを参照してほしい。



左の2人の格好はプレオープン記念ということで、基本的には右のメイドさんになります(笑)

 営業は午前10:00から午後11:30まで。基本的には年中無休。ちなみに場所柄(笑)、渋谷店とは違ってメイド服を着たウェイトレスさんが出迎えてくれるゾ!!



【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ