このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

【街角IT事情】遊べる渋谷のデジタルスポットはここだ!

2001年08月26日 00時50分更新

文● 編集部 田口敏之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最先端の流行とITの街で遊ぼう!

渋谷。そびえるQ-FRONT渋谷Q-FRONT前、スクランブル交差点

渋谷は遊べる街である。洋服や雑貨・小物が揃ったショップには事欠かず、雰囲気のいいカフェバーや居酒屋なども並んでいる。しかし実は、渋谷は最先端の技術がそこかしこに設置されている、デジタルな街だということをご存知だろうか?

最近話題の、街中で行なわれている無線インターネットの実験を中心に、遊べる渋谷のデジタルスポットを大紹介していきたい!

“ビデオプリクラ”出現!? NTT-MEの無線インターネット、Biportable(バイポータブル)

トライアルスポットである、TOWER RECORDS店内に設置されているBiportabeの専用端末と、ビデオプリクラが撮れる“ちょこっとMovieTOWER RECORDS店内に設置されているBiportabeの専用端末と、ビデオプリクラが撮れる“ちょこっとMovie”

Biportableとは、Broadband IP Platform with the Optical & Radio Technical Abilityの略称でNTT東日本とNTTが提唱する“パーソナル・ワイヤレス・ブロードバンド”のこと。ちなみに言葉の意味は「光ファイバーと無線の融合による新しいブロードバンド時代の幕開けを表わす」ための造語だという。

家やオフィス、学校などの屋内に、FTTHや光IPネットワークでつながれたアクセスポイントを設置し、専用のPCカード型無線端末をノートパソコンに装着するか、PDA型の専用端末により、最大36Mbpsの高速回線を利用できる。無線技術には、独自技術の“AWA(Advanced Wireless Access)”を導入している。このAWA技術により、屋内配線を必要とせず、すべてのスポットにおいて同一端末をシームレスに利用できるという。

こちらは渋谷Q-FRONTの“デジタルハリウッド Shibuyaデジハリ UBUSUNA CAFE”に置いてあったBiportable端末。誰でも気軽に利用できる
こちらは渋谷Q-FRONTの“デジタルハリウッド shibuyaデジハリ UBUSUNA CAFE”に設置されているBiportable端末。誰でも気軽に利用できる

実証実験は、渋谷にて8月末まで行なわれる予定だ。実験機の設置場所は、以下の8カ所。

  • Necca
  • TOWER RECORDS
  • Q-FRONT内 “デジタルハリウッド shibuyaデジハリ UBUSUNA CAFE”
  • Q-FRONT内“e-style by DIGITALSCAPE”
  • Q-FRONT内“渋谷ツタヤ”
  • 渋谷マークシティウエスト内“エクセルシオールカフェ”
  • セルリアンタワー内“セルリアンタワー東急ホテル”
  • “Kinko's 渋谷店”

これらの実施店は“渋谷タウンスポット”と呼ばれ、Biportableに接続されたノートパソコン、そしてPDA端末、音声入りのビデオを撮って加工し、Biportbleのサイト上に公開できる“ちょこっとムービー”などが利用できる。

これらの実施店は“写真は、“ちょこっとムービー”で、ムービーを試してみた様子。レイテンシーもほとんどなく、きれいな画像がきびきびと動いていた。鮮明な映像は、その分なんだか気恥ずかしいさっそく試してみた。レイテンシーもほとんどなく、綺麗な画像がきびきびと動いていた。鮮明な映像は、その分なんだか気恥ずかしい

Biportable端末からアクセスできるオリジナルサイトのトップページには、帯域保証型の、安定した高速回線を利用したコンテンツが並ぶ。配信される映画の予告編も面白いが、参加者自身が作ったムービーのコーナーもあり、これが良い。先述の“ちょこっとMovie”で、通りすがりの人たちが撮っていったビデオや、トライアル参加者たちが撮影・編集したビデオなどである。自分の子供の映像を編集したものから、TOWER RECORDSで買ったCDをアピールし続けている映像まで、その種類は幅広い。

BiportableのテストPDA端末。手と比べ見てもわかると思うが、B6版のハードカバー本ぐらいの大きさ。持ち運びするには、ちょっと大きいBiportableのテストPDA端末。手と比べてもわかると思うが、B6版のハードカバー本程度の大きさ。持ち運びするには、ちょっと大きい

Biportableのモニターになれば、ブロードバンド無線インターネットの一式を貸し出してもらえるだけでなく、固定のIDとメールアドレスなどが貰えるので、それを利用してのテレビ電話や、架空のお金を使って、映像配信ビジネスモデルのテストなども楽しむことができるという。しかし、一般利用者も、これらのホットスポットに足を運べば、ブロードバンドによるインターネットの閲覧や、公式サイト内のコミュニティ掲示板などを見ることができるので、是非一度、足を運んでみてほしい。

アクセス情報

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン