このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

DC版「PHANTASY STAR ONLINE Ver.2」発売記念! ソニックチーム中裕司氏の“オンラインゲーム論”に迫る!!

2001年06月07日 20時18分更新

文● 小嶋・澤村/スタジオ百哩

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
中裕司氏
中裕司氏。(株)ソニックチーム代表取締役社長。おなじみの“ソニック”シリーズを始め、最近では「サンバDEアミーゴ」など大ヒットゲームを多数生み出すトップクリエイター

 コンシューマゲームコンソール用としては世界初のネットワークRPGであるドリームキャスト版「PHANTASY STAR ONLINE」(以下PSO)が、さらに内容をパワーアップした「PHANTASY STAR ONLINE Ver.2」(以下Ver.2)となって、7日に発売された。Ver.2では主にオンラインモードに手が加えられ、“アルティメットモード”、“バトルモード”、“チャレンジモード”と3つの新要素が追加された。アルティメットモードは、クエストの難易度がPSOの“VeryHard”以上に設定された超難関コース。そしてバトルモードは、さまざまなルール設定でユーザー同士が戦えるモードだ。これは、PC用ネットワークゲームに存在する、PK(Player Killer)へのアンチテーゼとして用意されたものである。逆にチャレンジモードは、ユーザー同士の協力をポイントにした新要素。アイテムはすべて現地調達のうえ、途中では街に戻れず、仲間のひとりが死んだ段階で即ゲームオーバーとなったりするなど、チームを組んだユーザー同士の協力が要求される。そんな、ネットワークゲームとしての面白さにさらに磨きがかけられたVer.2の内容と、ゲーム開発にかかわる裏話を、開発元のソニックチーム代表中裕司氏にお聞きした。



Ver.2のポイントは“協力”の要素

──今回のVer.2ではオンラインモードに新しい要素が入りましたね。

バトルモード
バトルモード。ユーザーキャラクター同士で戦うことができる

【中】そうですね。“最初のPSOを含める形で進化した”という感じです。ネットワークゲームなので、そこに参加できる人を増やして、ネットのコミュニティを作っていこうという方向性で考えました。一番変わったのはバトルモードですね。このモードのもとになる要素は、実はPSOで作ってあったんですよ。つまり“他人のキャラを攻撃できる”という要素なんですけど。サーバ側でこの機能をオンにするだけで実現できたのですが、何のルールもなくただ攻撃できるようにしてしまうと、殺伐としてしまうだけであんまり面白くないし、ゲームの印象が悪くなってしまう可能性も高い。「PKのことをなんとかしなくちゃいけない」と私たち自身思っていましたので、PSOでは最終的に“なし”ということにしたんです。

【中】そもそも、人を攻撃できるということに関して言うなら、僕自身は「PSOには絶対ノーだ」と考えてました。でも「相手を殴れた方が楽しいですよ」と言うスタッフもいて、そちらとのせめぎ合いでしたね。それにユーザーからの要望も多かったので、その声を少しずつ取り入れていこうじゃないか、ということで、今回のVer.2で盛り込んだわけです。
 それでバトルモードを作ることになったわけですが、どうせ出すならキッチりとモードとして構築した上で出した方がいいかな、と。なので今回のVer.2では、遊びとして割り切ってできるように、と考えてモードを構築しています。初心者と上級者の差がなるべく出ないように、バトルモード内でのみ優劣がつくだけ、という形ですね。ハンデもつけられます。しかも、自分で育てたキャラを失うこともないし、アイテムや武器を失うこともありません。こんな風にキッチりとルールを作らないと、初心者の人たちはやりにくいと思うんですよね。

──その他のモードでポイントにしたところはありますか?



チャレンジモード
新要素のひとつ、チャレンジモードでは、4人で協力し合わなくてはクリアできない

【中】もともとPSOで前面に出したかったのが“協力”という要素なんです。PSOではひとりでもクリアできるようになっているので、その部分をどうするか、というのがものすごく議論がありました。やっぱりゲーム進めるうちに“協力”の要素が若干欠けてくるんですよ。なぜかと言えば、いつでも街に戻れてしまうので、プレイ中の緊張感が欠けて仲間のことを思いやるということがなくなってくるんですよね。じゃあ、いっそのこと、そこを縛ってみようじゃないかと。それが、4人の協力なしではクリアが出来ないという条件を設定したチャレンジモードですよね。レベルも一定で始まって、限られた条件の中でチームの仲間のことを思いやりながら、ひとつのアイテムを共有して、チャットで話をしながら進めていってもらおうと。チャレンジモードは非常に楽しいものになっていると思いますし、仲間とより親密な関係が築けるんじゃないかと(笑)。クリア出来たときの喜びは何倍にもなると思います。

──1人でも死んでしまえばゲームオーバーになりますよね。



中氏

【中】連帯責任になりますから。今までだと死んでしまっても仲間に助けてもらえたところが、今回は死んでしまえばおしまいというところが、本当にもうアセアセしますよ(笑)。ヒットポイントも無いのに回復も出来ない状態でどうしよう、と(笑)。でも、そういったところで必ずコミュニケーションが生まれますから。現実の冒険とかも実際そうなんじゃないかと思いますよね。ユーザーの方からは賛否両論あるとは思いますけど、僕らがPSOで目指そうとしていたものはこういうものだったんだ、というところを見てもらえればと思っています。

──ユーザーからの反響には、いつも目を通されているんですか?

【中】毎日何100通と来る電子メールにも全部目を通していますし、BBSもちゃんとチェックしています。そのなかにあった不満や、こうした方が良いという意見をVer.2ではいろいろと取り入れていますね。



前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ