このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2001 Vol.3

COMPUTEX TAIPEI 2001 Vol.3

2001年06月06日 16時02分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VIAリファレンスマザー
VIAのブースで展示されたApollo P4X266搭載マザーボード。
 COMPUTEX TAIPEIレポート第3弾は、VIAブース詳報! VIAのブースではPentium 4対応の最新チップセット“Apollo P4X266”を搭載したリファレンスボードを確認できた。リファレンスボード以外にも、Shuttleほかいくつかのマザーボードメーカーが同チップセット搭載の製品を展示中だ。
 Apollo P4X266は、Pentium 4対応のチップセットとして初めてDDR SDRAMをサポートしたもので、VIAがIntelに殴りこみをかけた形だ。



NorthBridge
NorthBridgeにはP4X266の刻印が見える。

NorthBridgeApollo P4X266の説明書き。DDR/SDR SDRAMをサポート。SouthBridgeは3Com製10BASE-T/100BASE-TXのEthernet機能を内蔵する。

i845
こちらはIntelの「i845」チップセット。
 展示会での目玉のひとつに、各社ブースで展示しているIntelのPentium 4用最新チップセット「i845」が挙げられる。こちらは新しいソケット形状“Socket478”を採用している。このi845はメモリサポートがSDRAM(通常のSDR)となっており、DDR SDRAMをサポートするのはまだ先。先日の値下がりでPentium 4を購入してしまった人は、慌ててSocket478に対応した新CPUを購入せずに、Apollo P4X266でしばらく繋いでいくという手もあるだろう。



Mother
Intel 845搭載マザーは新しいSocket478となっている。ただしSDRAMのサポートのみ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン