このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2001 Vol.6

COMPUTEX TAIPEI 2001 Vol.6

2001年06月08日 13時55分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEIレポートの第6弾となる今回は、幅広い層に人気のベアボーンキットに注目する。
 超小型のベアボーン「Espresso」や「Cappuccino G1」で知られるSAINTSONG。秋葉原では九十九電機などが予約販売を行なって話題を集めた知る人ぞ知るメーカーだ。そのSAINSONGが、COMPUTEX TAIPEIで2機種の新型ベアボーンキットを公開している。

Cappuccino Gx1
PentiumIII-866MHz、933MHzまで対応した「Cappuccino GX1」。
 ひとつは「Cappuccino GX1」。サイズは156(W)×146(D)×46(H)mmで、重量は980g。右側面にはビデオ出力端子(コンポジットとS-Video)、PS/2キーボード×1、PS/2マウス×1を、左側面にはライン出力、マイク入力、LANポートを備える。背面にUSB×2、CRT、パラレルポートなどを搭載する点は従来のG1と同じだが、筐体上部のデザインに変更が加えられた。また、CPUもPentiumIII-866MHz、933MHzをサポートしている。会場のポップには“Windows Meが動作する”とも書かれていた。



Cappuccino Gx1
側面にビデオ出力(コンポジット、S-Video)、PS/2キーボード、PS/2マウスポートを備える。

Cappuccino Tx2
PentiumIII-1GHzまで対応した「Cappuccino TX2」。
 もうひとつの「Cappuccino TX2」は、GX1の上位モデルでUSBポートが4つに増え、さらにIEEE1394ポートが2ポート追加されている。こちらはPentiumIII-1GHzまでをサポートし、チップセットにはi815を搭載しているとのこと。
 これら2機種は2.5インチHDDを内蔵していたが、実際に販売される段階でドライブ類がどんなバリエーションになるかは不明だ。とはいえ、この公開を機に、また秋葉原のショップが予約販売を開始するかもしれない。注目だ。



Cappuccino Tx2
IEEE1394ポートが2ポート追加され、機能拡張のバリエーションが増えた。

Cappuccino Tx2
USBポートも4ポートに増えている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン