このページの本文へ

ソニー、i.LINKやメモリースティック対応機器の互換性検証でラボを開設

2001年05月23日 20時34分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は23日、i.LINK機器の接続性の検証が行なえる“ネットワーク接続検証ラボ”と、メモリースティック機器の互換性の検証が行なえる“メモリースティック互換性検証ラボ”を6月1日に開設すると発表した。場所はソニーサービス(株)の東京都大田区にある平和島社屋内で、対応機器を開発する企業に有料で時間貸しすることにより新製品開発の効率化を促進するとしている。利用の対象となるのは、i.LINKをサポートする機器メーカーとメモリースティックのライセンシー企業。

検証ラボの内部
検証ラボの内部

利用時間は、祝祭日を除く月曜日から金曜日で、午前9時30分から午後4時30分。利用料金は、2時間・1室で1万2000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン