このページの本文へ

ソニー、メモリースティックの累計出荷が1000万枚を突破と発表

2001年03月19日 20時13分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は16日、1998年秋からメモリースティックの全世界での累計出荷が3月末に1000万枚を超えると発表した。5月末には対応機器の出荷台数も1000万を超えるとしている。2000年4月から2001年3月末までの2000年度の出荷だけで700万枚に達し、全世界の半導体メディア市場(3000万枚)の約23%を占めるとしている(同社調べ)。

64MBのメモリースティック
64MBのメモリースティック

対応機器の分野別では、デジタルイメージング機器が55%、パソコン/PDAが31%、オーディオ/携帯電話が8%の構成比率で、地域別では、日本が48%、北米が26%、欧州が18%などとなっている。

同社では、2003年度には出荷枚数が6000万枚に、また対応機器は5000万台に急増すると見込んでいる。なお、現在、メモリースティックに対する賛同企業は136社となっている(3月5日)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン