このページの本文へ

USB2.0インターフェイス第4弾、5000円を切って登場!ただしメーカー不明

2001年05月18日 23時43分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
USB2.0カード

 正式な対応OSが未だないにもかかわらず、なぜか次々登場するUSB2.0インターフェイスカード。ついにその第4段「U020」が登場した。製造元は不明だが、取り扱いは恵安である。



NEC製チップ

 これまで登場している製品と同じく、コントロールチップはNEC製のD720100GM。β版ドライバが付属している製品も登場しているが、この製品にはその類は一切なし。加えて恵安のサイトにもその事に関する説明が載っていないどころか、製品自体の紹介も18日現在ないという状態。逆の意味で史上初の「何の説明も存在しないUSB2.0インターフェイスカード」ということになる。



コネクタ部

 ただしその代わりと言っては何だが、価格はコムサテライト3号店で4980円と、USB2.0インターフェイスとしては最安値となっている。現状でもUSB1.1インターフェイスとしては動作するので、ひとまず購入しておいてドライバの公開を待つというのもアリかもしれない。
 ちなみにパッケージには、ロープロファイル版の「U022」という製品も記載されている。こちらもそのうち登場予定ということだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ