このページの本文へ

長瀬産業、4.7GB対応DVD-Rドライブ『TRANSGEAR DVD-R100-P』を発売

2001年03月26日 17時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

長瀬産業(株)は23日、民生用DVD-Rドライブ『TRANSGEAR、DVD-R100-P』を28日に発売すると発表した。販売は同社のオンライン販売サイト“DVDirect”を通じた直販のみとなる。出荷開始は4月13日以降の予定。価格は9万9800円。

DVD-Rドライブ『TRANSGEAR、DVD-R100-P』
『TRANSGEAR、DVD-R100-P』

『TRANSGEAR DVD-R100-P』は、民生用のDVD-R規格である“DVD-R for General Ver.2.0”に対応した内蔵型のDVD-Rドライブ。接続インターフェースはSCSI-2(FastSCSI/D-Subハーフピッチ50ピン)。カクタムテクノロジー(株)製のエンコーダーソフト『CCE-Lite』、米Spruce Technologies社製のDVDオーサリングソフト『SpruceUp』が付属する。本体仕様は書き込み対応メディアがDVD-Rで、片面記録容量は4.7GB、読み込み対応メディアはDVD-R、DVD-ROM、DVDビデオ。バッファー容量は4MB。電源はAC 100Vで、消費電力は18W。本体サイズは幅190×奥行き270×高さ62.8mmで、重さは約2.5kg。対応機種はWindows 98 SE/Me/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン