このページの本文へ

パーソナルメディア、データ抹消ソフト『ディスクシュレッダー』を発売

2001年03月09日 18時40分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パーソナルメディア(株)は9日、パソコンのハードディスク上のデータを完全に抹消するためのソフト『ディスクシュレッダー』を26日に発売すると発表した。提供メディアはフロッピーディスクで、価格は3万円。販売は同社のウェブサイトを通じて行なう。

『ディスクシュレッダー』は、ハードディスク上に過去に記録されたデータの痕跡を完全に抹消するソフト。消去対象のハードディスクに乱数を最大5回まで書き込むことにより、残留磁気を読み取られた場合でも、元データを予測できない状態にする。また、米国の国家安全保障局“NAS”(The National Security Agency)の推奨方式である、乱数を2回書いた後に0を書き込む方式も選択できる。OSやファイルが壊れて起動できなくなっているパソコンのハードディスクも処理できる。実行用に組み込まれているOSは『B-right/V』。消去対象ハードディスクはIDE、EIDE(ATA)タイプ(SCSIには非対応)。対応機種はIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ(OSは問わない)。なお、利用回数や処理対象パソコンに関する制限はない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン