このページの本文へ

東京めたりっく通信、ホールセールを開始

2001年03月02日 19時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東京めたりっく通信(株)は1日、(株)KCOM(1月1日に(株)KDDコミュニケーションズから社名変更)との間で、SDSL回線のホールセールの実施について合意致したと発表した。

今回のホールセールでは、東京めたりっく通信のSDSL回線をKCOMのサービスメニュー“KCOM SDSL”として提供する。料金は初期料金が15万円で、月額利用料は通信速度が上下とも最大768kbpsの“KCOM SDSL(768kbps)”が5万3000円、上下とも最大1.6Mbpsの“KCOM SDSL(1.6Mbps)”は8万9000円。初期料金にはユーザー宅内に設置するSDSLモデムの取り付け費用を含む。

東京めたりっく通信では、これまで自社DSL回線を自社ISPサービスも含む形での提供をしていたが、今後、このようなホールセールの形態での提供にも力を入れ、DSL回線サービスのバリエーションの増強とDSLサービスの普及を目指すとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン