このページの本文へ

三洋、音楽ダウンロード対応のfeel H”を発表

2000年09月29日 20時48分更新

文● Web企画室 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

三洋電機(株)は29日、feel H"(フィール・エッジ)対応PHS端末『Leje(レジェ) RZ-J91』を発表した。(1)電話機能、(2)音楽ダウンロード機能、(3)音楽再生機能が一体化されており、これらの機能は同社が(株)日立製作所および富士通(株)と共同開発した、携帯電話・PHS向け音楽配信システムの技術規格“ケータイdeミュージック”に準拠する。また、この規格に対応した音楽配信サービスとして、11月30日の端末発売と同時に、DDIポケット(株)による“SoundMarket”がスタートする予定だ。

『RZ-J91』のデザインは、人気の折り畳み式。カラーは写真の“ピュアシルバー”のみ。※液晶画面はイメージで、実際の商品と異なる
『RZ-J91』を持ったところ。再生機能のない『Leje RZ-J90』と比べて約1センチ厚い

折り畳み式デザインを採用したカラー液晶モデル

『RZ-J91』は、人気の折り畳み式デザイン、256色のカラー液晶ディスプレー(120×160ドット)を採用する。音楽再生機能に必要なデコーダーチップはバッテリーパックに内蔵し、小型記録メディア『セキュアマルチメディアカード』用のスロットを本体側面に用意する。イヤホンの差込口はヒンジ部に備えられおり、そのインターフェースは同梱される液晶リモコンの専用の規格となっている。

セキュアマルチメディアカード』の差込口は本体側面。ゴム製のカバーをはずし、差込口からわずかに飛び出たカードのへりを指で押すと、カードがポンを飛び出る(写真)

音楽の再生/停止といった操作は、PHS端末本体の通話やメールで使用するキーもしくは、液晶リモコンで行なう。音楽の再生中に電子メールの送受信は行なえるが、通話は行なえない。音楽再生中に着信があった場合、ヘッドホンから呼び出し音が鳴り、ユーザーに知らせる仕組みになっている。

再生できるのはUDAC-MB対応のMP3

『RZ-J91』が再生できる音楽データは、MP3で圧縮され、かつ、“ケータイdeミュージック”のベースとなった著作権保護技術“UDAC-MB”(※1)で保護されたデータのみ。なお、MP3+UDAC-MBのファイルを作るパソコン用ソフトはまだ発売されておらず、「具体的な開発スケジュールもない」(PHS商品部 前田氏)とのことなので、当面は“SoundMarket”からダウンロードして楽しむだけになりそうだ。

セキュアMMCの録音時間は同梱する32MBの場合で約30分間(128kbps)。

※1 UDAC-MB(Universal Distribution with Access Control - Media Base):コンテンツをセキュアMMCなどに配信し、ユーザー間でやりとりする状況において、合法的コピーおよび合法的再生を実現するコンテンツ保護技術

背面のバッテリーパックを外したところ(写真中央)。MP3デコーダーはこの中に入っている。ちなみに、DDIによると、“SoundMarket”に参画予定のレコード会社は、(株)ポニーキャニオン、日本コロムビア(株)など5社で、販売する楽曲に関しては著作権者と交渉中という。

音楽の連続再生時間は約6時間

そのほかの『RZ-J91』の特徴は、空間ダイバーシティアンテナの搭載、100音色12和音という“サンプリングPCM音源”を使用した“feelsound”とその再生のための高音質スピーカーの搭載、全角1万文字のメールにまで対応するメールの受信、京セラ製小型デジタルカメラユニット『Treva』への対応など。これらは、feel H゛端末に共通する機能である。

電話帳は200件で、連続待受け時間は約500時間。連続通話時間は約6時間で音楽の連続再生時間は約6時間。充電器、リモコン、ヘッドホン、セキュアMMC(32MB)を同梱する。サイズは幅49×高さ94×奥行き32mmと、再生機能のないfeel H"端末『Leje RZ-J90』と比べて約1センチ厚い。重さは約105gと、100g以下が主流の従来機種と比べてやや重め。価格はオープンプライスで、店頭価格は現時点では不明。

『RZ-J91』
サイズ 幅49×高さ94×奥行き32mm
重さ 約105g
カラー ピュアシルバー
電話帳 200件
連続待受け時間 約500時間
連続通話時間 約6時間
連続再生時間 約5時間
付属品 充電器、ストラップ、バッテリー、リモコン、ヘッドホン、セキュアMMC(32MB)


携帯電話の開発はW-CDMAの2世代目以降

『RZ-J91』の月産台数は1万台。音楽配信対応の携帯電話を開発する可能性について、発表会に出席した西尾仁志氏は、通信速度の遅さやパケット通信の料金を理由に、「W-CDMAの2世代目くらいになるのでは」とした。

パーソナル通信事業部PHS商品部部長の西尾仁志氏

なお、11月8日発売予定の『RZ-J90』用としてセキュアMMCをリモコン側に挿入する専用リモコンプレーヤー『RZ-RM91』を発売する。インターフェースはデータ通信端子で、この装置によって、『RZ-J91』と同様に、音楽が楽しめる。ヘッドホン、セキュアMMC(32MB)を同梱し、価格はオープンプライス。こちらも、店頭価格は不明であるが、「(『RZ-J91』を1台買うのと、『RZ-J90』と『RZ-RM91』を一緒に買うのとでは)、ほぼ同じくらいのコストになるだろう」(西尾氏)という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン