このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

デスクトップ向けディストリビューションの本命!? Corel LINUXをレビュー

1999年11月19日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カナダのCorelは15日、同社のLinux新ディストリビューション「Corel LINUX」をリリースした。今回リリースされたのは「Corel LINUX OS Download」で、ほかにも「同 Standard」、「同 Deluxe」の2種類の製品版を予定している。製品版は、それぞれ付属するアプリケーションやインストールサポートの内容が異なり、違いは以下のとおり:

  • 無償で入手可能な「Corel LINUX OS Download」
  • インストールサポートやNetscape Communicator、Acrobat Readerが付属する「Corel LINUX OS Standard」(59ドル)
  • Standard版に加えて、Corel WordPerfect、サウンドドライバ「OSS」、ゲーム「Civilization」などが付属する「Corel LINUX OS Deluxe」(89ドル)

「Corel LINUX OS Download」は同社のFTPサイトよりISOイメージをダウンロードできる。

 Corel LINUXは、Debian Projectが開発するLinuxディストリビューション「Debian GNU/Linux」をベースにしたディストリビューションで、主な特徴は:

  • デスクトップ環境に、Corelが機能拡張したKDEを採用
  • 容易なインストール
  • Debian GNU/Linux (slink)をほぼ流用しているので、Debianプロジェクトの提供する豊富なパッケージをインストールすることが可能

という点である。おおまかに言えば、Corel LINUXは、Debian GNU/LinuxをベースにCorelが拡張したKDEを追加して、初期インストールを簡単にしたディストリビューションである。

 日刊アスキーでは、CorelのFTPサイトからダウンロードしたCorel LINUXのISOイメージを使って、「Corel LINUX OS Download」をインストール、レビューを行なった。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ