このページの本文へ

UBA、Linux部会を設立

1998年12月22日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

独立系ソフトハウスが中心となって、特定のメーカーに依存しない共通の状況基盤を構築する目的で設立された「UBA(オープンシステム推進機構)」は、日本におけるLinuxビジネスの推進を目的とした「UBA Linux部会」を設立したと発表した。同部会では、各種技術セミナー活動や活用事例情報の共有、情報交換、Linuxのボランティアプロジェクトへの支援などを行なっていくとしている。参加予定企業としては、日本サン・マイクロシステムズ(株)、SCO(株)、オムロンソフトウェア(株)などの企業が名前を連ねている。

カテゴリートップへ

ピックアップ