このページの本文へ

セル塗りだけの“簡単地図”から凝った“お見事地図”まで 第3回

Excel技を駆使した本格地図 カーブの道や線路もOK!(前編)

2009年03月06日 06時00分更新

文● 尾崎裕子、アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

線路は点線を重ねて描く!

2本目の曲線を作る

太さを10ptにして、コピー&貼り付けで2本目の曲線を作る

 線路は同じ形の実線と破線を重ねて作る。

 (8) 曲線の太さを「10pt」にし、コピー/貼り付けで2本にする。

 (9) 2本目の線を右クリック→[オートシェイプの書式設定]を選ぶ。

白い破線の8ptにする

2本目の線は色を[白]に、実線/点線を[破線]にして、太さは2pt細い8ptにするのがコツ

 (10)[色と線]タブを選び、(11) 線の色を[白]に、(12)「実線/点線」を[破線]に、(13)「太さ」を[8pt]に設定する。

 上に重ねる破線は実線より2ポイント程度細くするのがコツ。(14)[OK]ボタンを押して閉じる。

白い破線を黒い線に重ねる

画面では薄い水色だが、白い破線を元の黒い10ptの線に重ね合わせる。さらに2つの曲線をまとめて選択

 2本目の曲線が白い破線になる(上の画面では分かりやすくするため、薄い水色で表示している)。

 必ず、貼り付けで作った2本目の線のほうを破線にすること。

 (15)[オブジェクトの選択]ボタンをクリックして、(16) 2本の線を囲むようにドラッグして選択。

技あり

「図形描画」ツールバーから[図形の調整]→[配置/整列]→[左揃え]を選ぶ

「図形描画」ツールバーから[図形の調整]→[配置/整列]→[上揃え]を選ぶ

白い破線の8ptにする

2本目の線は色を[白]に、実線/点線を[破線]にして、太さは2pt細い8ptにするのがコツ

 2本の線を選択した状態で左揃えにし、続けて上揃えにすると、2本の線がぴったり重なって線路になる。

 2本の線が選択された状態で「図形描画」ツールバーから[図形の調整]→[グループ化]を選ぶ。これで重ねた線がずれない。


 (次ページ、「曲がった線路を描くときの注意点」に続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ