このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2009年春モバイルPC価格&性能比較

2009年02月03日 14時15分更新

文● トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

20~30万円のプレミアムモバイルは「プラスα追加モデル」で選ぶ

 予算に余裕があるなら、「外でもサクサク、ストレスなく作業に集中したい」、思いきり働きたい(もしくは思いきり遊びたい)ヘビーユーザー向けのノートパソコンを選びたい。

 軽量なモバイルマシンながら、ハイパフォーマンスでバッテリーも長持ち。ただし値段が値段なので性能・機能の差をしっかり比較する必要がある。今春チェックすべきは、これまで人気のあった機種に待望の機能が追加された「プラスα追加モデル」だ。


1) ソニー「VAIO type T」(直販モデル限定、ワイヤレスWAN対応モデル)

 11.1型ワイドサイズ、約1140gの小柄モデルながら再生専用BDドライブを搭載する「女王様」級モデル。今春から、4GBメモリーに合わせて標準OSは64bit版のWindows Vista Home Premium SP1に変更されている。価格はCPUにCore 2 Duo SU9300(1.20GHz)、メモリー4GB、120GB HDD、Office Personal 2007付属、ワイヤレスWAN対応モデルという構成で28万1800円。

FOMA通信モジュール内蔵で、ドコモの「定額データプランHIGH-SPEED」(下り最大7.2Mbps)が契約後すぐに使える。同サービスを利用していて、あるいはこれから利用しようとしているユーザーは飛びつくべし。上記のとおり今回から64bit版アプリケーションで4GBメモリーをフル活用出来るようになっている点も注目だ。



2) 富士通「FMV-BIBLO LOOX R」(R/C70:SSDモデル)

 富士通発の王道ビジネスモバイルFMV-BIBLO LOOX Rマイナーチェンジモデル。キーボード右上のショートカットキー「ワンタッチボタン」や、起動時にきらきらと光輝くLEDランプなど、ビジネスユースでありながら上質なこだわりの感じられる作りが特徴的。

大容量128GB SSDを搭載し、ロングバッテリーの駆動時間はなんと約12時間! 従来のHDDモデルと比べ、起動時間の体感スピードも高速化した。店頭モデルとして初めての搭載となるため、実際にお店でタッチして買えるのもうれしい。

※写真はレビュー記事「華より実プレミアムモバイル「LOOX R」が究めた上質とは」で扱った、2008年夏モデル「FMV-BIBLO LOOX R/A70」のものです。外観やギミックなどの特徴は今回の機種も同様のものです。



3) パナソニック「Let'snote R8 プレミアムエディション」(CF-R8FWWAJP、SSDモデル)

 「軽量で長時間駆動・76cmの高さから床に落としても大丈夫」のガチムチなビジネスモバイル、Let'snote R8。直販モデル「プレミアムエディション」は店頭モデルと異なるブラックのカラーリングで、メタリック好きの心をくすぐる。くるくる回して画面をスクロールできる、円形のタッチパネルもなかなか便利だ。

直販モデルでは64GB SSDが搭載可能になっている。上述の耐衝撃性能に加えてデータが飛びづらいSSDを搭載することで、読んで字のごとく鉄板の安心感がある。今回からIntel vPro(ヴィープロ)対応のCPUを搭載し、iAMTによるクライアントのリモート管理にも対応可能。個人だけでなく、社員に与えるパソコンを探している経営者にも。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン