このページの本文へ

2009年春モバイルPC価格&性能比較

2009年02月03日 14時15分更新

文● トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

15~20万円のエントリーモバイルは「ギミックとAV性能」で選ぶ

 この価格帯は、エントリーユーザー向けのA4ノートや主にレノボ、デル、HPなど海外ブランドが投入するシンプルなビジネス志向ノートなど非常に選択肢が多い。ここでは、「家の中で、リビングと自室などを渡り歩いて」使いたい、「インドアモバイル」ユーザー向けのノートパソコンの注目機種をピックアップする。

 基本据え置きで使うが、週に1~2回外に持ち出すような使い方もオススメ。要は「フツウに使えるノートが欲しい」人にとって最適な製品を考えてみたい。比較するポイントは、部屋のワンポイントとして愛着がわく「独自のギミックやカラーリング」の違い、そして家の中でこそ楽しみたい「AV性能」だ。

1) 富士通「FMV-BIBLO S/C50」

 昨年末に、富士通が新たに送り出したインドアモバイルがFMV-BIBLO S。IntelのCore 2 Duoプロセッサーを搭載した14.1型ワイドモデルでありながら、15万円前後という低価格も魅力の1つだ。HDMI端子を備えるほか、従来のDDR2よりも高速なDDR3メモリーを採用したりと、コストパフォーマンスの高さにも注目したい。カラーバリエーションはホワイト系とピンク系の2種類が用意されている。

「かわいいカラーリング」でノートパソコンを選ぶなら絶対に外せない。ツヤツヤ光沢塗装に「ピンクパープル」という独自のカラーが目を引く。キーボードに水滴が浸入しづらい「バスタブ構造」を採用するなど、細かい配慮が◎だ。ブラック×ピンクのゴシックカラーが好きなら文句なしの1台だろう。



2) ソニー「VAIO type C」(VGN-CS71B/W)

 徹底的にカラーリングにこだわった14.1型ワイドモデル。全体に丸みを帯びたラウンドフォルム、「感情」を本体前部のLEDで表現する機能はまるでロボットペットのような愛らしさがある。付属のレーザーマウスやキャリングケースはもちろん、アクティブスピーカーも同じカラーでまとめられる。春モデルではベージュ系とパープル系の2色が追加された。

エントリークラスからAV機能を決め手に選ぶなら、Blu-rayディスクが観られるこの1台に決まり! キーボード上部に再生や早送りができるAVタッチパネルがついているのも◎だ。気分に合わせ、楽曲の音声データから自動選曲してくれるオリジナルソフト「VAIO MusicBox」も楽しい。



3) NEC「LaVie N」(LN530/SJ6)

 13.3型ワイドサイズのかわいらしいモデル。つるっとした天面は「NEC」の社名ロゴがなく、閉じたときには箱状のオブジェが置いてあるようなシンプルさ。カラーリングは底面まで同色で揃えた徹底ぶり。17万5000円の上位機種(LN530/SJ6)はMicrosoft PowerPointが付属し、ちょっとしたホームワークが可能だ(下位モデルのLN500/SG6はOffice Personal搭載で5000円ほど安価)。重量も2kgを切り、ホームモバイルにはうってつけ。

オリジナルのLEDギミック「マイシグナル」に惚れたら決まり。同社製のケータイにも使われているギミックで、本体前面に時計やキャラクターなどをドットパターンで表示する。「1冊の本を目指した」というシンプルデザインに可愛いギミック、これにピンと来たら買うしかない。カラーはモノトーン、モカレイヤード、ピンクレイヤード、アクティブオレンジの4色が選べる。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン