このページの本文へ

マイクロソフトと協業

旭川市がウェブデザインの街へ!

2008年12月24日 07時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

月刊ビジネスアスキー 2009年2月号掲載記事

旭川市がマイクロソフトと提携し、ウェブデザインの街を目指す。IT技術者育成にも取り組む同市は、果たしてウェブ先進地域となれるだろうか。

提携調印

提携調印後に握手する(左から)、マイクロソフト・大場章弘執行役、旭川市の西川将人市長、旭川ICT協議会・古川正志会長

Mother Earth

「Mother Earth ~母なる地球」

 北海道旭川市と、市内のIT関連企業など38社が加盟する旭川ICT協議会(AICT)は、マイクロソフトとの提携を発表。これに合わせて同市は「ウェブデザインの街・旭川」構想を打ち出し、地域産業の活性化に取り組む。

 すでに旭川市の人気動物園である旭山動物園とAICTがマイクロソフトと提携し、2007年4月から公開している「Mother Earth ~母なる地球」という同園のウェブサイトを共同で制作している。

 マイクロソフトのデベロッパー&プラットフォーム統括本部長・大場章弘氏は「このサイト制作でWPF(Windows Presentation Foundation、プレゼンテーションのサブシステムのこと)を活用し、動物の生態を伝えるウェブコンテンツを実現した」と語る。

 今回の提携はこうした実績を生かし、角川映画の協力のもと、ウェブコンテンツの第1弾として「旭山バーチャル動物園」を制作する。マイクロソフトはここで最新ウェブ技術「Silverlight」と「Photosynth」を活用する。

 さらに同社は、最新ウェブデザインソフトウェア「Microsoft Expression」の技術習得機会を用意し、ウェブデザインに関わる人材育成カリキュラムやトレーニング用ソフトウェアの提供も行なう。また、旭川産業高度化センターは、人材育成の拠点として「旭川ITジョイントセンター」を設立する。

 西川将人市長は「旭川市は家具が地場産業であり、数多くのデザイナーも在住している。ウェブデザインの領域でも相乗効果をもたらすだろう。IT技術者育成、ウェブデザインに関する技術ノウハウの集積により、現在、56億円の市内IT関連事業規模を、100億円、200億円へと拡大させたい」と語る。

 旭川市は、道内では札幌に次ぐ人口規模を誇るにもかかわらず、産業規模は室蘭、函館に続いて4番目。人口規模並みの産業規模に成長させる切り札として、ウェブデザインに注目したというわけだ。

 果たして「ウェブデザインの街・旭川」構想は、地域活性化に寄与することができるか、今後を見守りたい。

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中