このページの本文へ

【ケータイ機能一本釣り】ソフトバンクモバイル・AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH

iPhone 3Gより使いやすい!? フルタッチ931SHの使い勝手を検証する

2008年11月27日 15時42分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2本指ズームにも対応したタッチパネル

 タッチパネルケータイはこれまでにもいくつか存在した。しかし、タッチできる機能やアプリが限られていたり、レスポンスが悪かったりと、操作性は今ひとつという機種が多かったのも事実だ。

 ひるがえって、931SHはすべての機能やアプリがタッチ操作に対応する「FULLTOUCH」なので、リストのスクロールからカメラのピント合わせまで、一連の操作をスムーズに実行できる。

 特に快適なのが、ウェブブラウザーやワンセグ、画像、動画といったビューアー系アプリ。見たい部分をダブルタップで拡大できるほか、なんとピンチイン/ピンチアウトでのズームにも対応している。こうした操作方法はアプリ間で統一され、どのアプリでも同じ要領で操作可能。従来のタッチケータイに比べ、格段に扱いやすい。

 とりわけワンセグの映像をピンチインで全画面表示に切り替えられるのは目からウロコ。指先で画面を左右になぞってチャンネルを切り替えたり、上下になぞって音量調整ができるなど、従来のワンセグ端末とは一線を画す自然な操作性が新鮮かつ快適だ。

ワンセグ ワンセグ
ワンセグの映像を2本指で押し広げると、全画面表示に切り替わる(左)。逆に指でつまむようにすれば元に戻る

 また、ウェブブラウザーや画像をドラッグスクロールする際のレスポンスも良好。指先への追従性はiPhone 3Gと同一とまではいかないものの、iPhone 3Gに迫るものがある。十分実用的と言えるだろう。

 ちなみに、画面をタッチしたときに本体が「ブルッ」と振動するよう設定することもできる。タッチパネルケータイにありがちな「押しているかどうか分からない」ストレスから解放されるので、購入したらぜひ設定しておこう。

レスポンスの設定 レスポンスの設定 レスポンスの設定
バイブによるレスポンスの設定はデフォルトではオフになっている。メニュー→「設定」→「タッチパネル設定」でオンに変更しよう

 タッチ操作を活かした、便利なチョイ技もある。画面最上部のステータスバーにタッチすると通知ウィンドウがドロップダウンする。ウィンドウ内にはケータイの状態を示すアイコンがリスト化され、任意のアイコンをタップするとメールの送信状況などを確認できる。ここまで使いやすい端末はスマートフォンでもなかなかお目にかかれない。

ステータスバーの活用 ステータスバーの活用
ステータスバーにタッチしたところ。機能によっては設定画面にダイレクトにジャンプできるものもある。例えばBluetoothをすばやくオフにしたり、電池残量の詳細を確認できるので、知っておくと便利だ

(次ページへ続く)

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン