このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

買う前に、読む! 新MacBook はじめてガイドブック 第2回

5ステップで分かる作業手順

新MacBook・MacBook Proのメモリーを交換しよう

2008年11月06日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新MacBook

新MacBook

 高精度アルミニウムユニボディーを新たに採用したMacBookMacBook Pro。ボディーだけでなく、メモリー規格も従来の「PC2-5300 SO-DIMM」から「PC3-8500 SO-DIMM」に切り替わった。従来製品のメモリーは利用できないので覚えておこう。

 モジュールの交換手順も従来機と変わっており、底面パネルをすべて外す必要がある。注意したいのは、ユーザーが自分でメモリーを交換したあとに、メモリー周りで不具合が起こるとアップルの保証が受けられなくなってしまうということ(要するに作業は自己責任でということだ)。

 パソコンの扱いに自信のない人は、あらかじめApple Storeでメモリーを増量して購入するか、交換サービスを提供しているショップを利用しよう。

PC3-8500 SD-DIMM

メモリーモジュールは、まだまだ流通量が少ない「PC3-8500 SD-DIMM」

底面パネル

メモリー・HDDの交換手順は、バッテリーカバーの裏にも記載されている


●該当機種

2008年10月14日発表
 MacBook(MB466J/A、MB467J/A)
 15インチ MacBook Pro(MB470J/A、MB471J/A)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中