このページの本文へ

ハイ・リゾリューション、ソフト音源「UVI Soundcard Prestige #01 IRCAM Solo Instruments 」を発売

楽器のニュアンスを再現

2008年10月08日 22時44分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ハイ・リゾリューションは26日、ソフトウェア音源「UVI Soundcard Prestige #01 IRCAM Solo Instruments 」を発売した。価格はオープンプライスで、実売価格は6万円前後。

UVI Soundcard Prestige #01 IRCAM Solo Instruments 」は、フランスのアルティメイト・サウンドバンク社が開発したソフトウェア音源。フランス国立音響音楽研究所「IRCAM」が開発に協力しており、吹奏楽器の息笛や弦楽器のタッチなどの繊細なニュアンスも再現する。 バイオリン/ビオラ/チェロ/コントラバス/フレンチホルン/トランペット/トロンボーン——など16種類の音源を収録している。

IRCAM

音源は24ビット/16kHzのサンプルレートで収録

対応システムはMac OS X 10.3.9以上/Windows XP以上。Ableton Live v7/DigiDesign Pro tools v7/Digital Performer v 4.6/FL Studio v6/GarageBand 2/Logic v8/ SONAR v5/Steinberg cubase v2(同SE/同LE/同SL/同SX) /Steinberg Nuendo v2/Tracktion 2——のソフトに対応する。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中