このページの本文へ

知らずにソンしていませんか?

BDレコ、達人が教えるウラワザ集

2008年07月24日 16時00分更新

文● 鳥居一豊/AVライター

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第1のヒント BDに録画できるのは放送中の番組だけじゃない!
i.LINKでメディアをお引越し

 i.LINK(TS)入出力を持ったBDレコーダーは、i.LINKを使ったムーブ機能が利用できる。例えばD-VHSに撮りためておいたビデオをBDでアーカイブ化することが1つだ。残念ながら全モデルが対応しているわけではないので、気になる人はこちらで確認しよう。

パナソニックのD-VHSビデオレコーダー「NV-DHE10」。やはり同じパナソニック製のBDレコーダーと相性が良いと言われる

i.LINK(TS)入出力端子。写真はパナソニック「DMR-BW700」本体前面のもの。本体背面にある機種の場合は、CATVのSTBと常時接続して直接録画できたりもする

 D-VHSビデオデッキの多くはデジタル映像の入出力用にi.LINK端子も備えており、対応するBDレコーダーに番組をコピーできる。D-VHSで録りためておいた番組をBDに引っ越すことができるのだ(ただしコピーワンスの場合はBDレコーダー→D-VHSビデオデッキの一方向のみで逆は不可)。

 ちなみに、基本的にムーブには実時間かかる。2時間番組であればもちろんムーブにも2時間かかるため、作業には根気が必要だ。

 またi.LINK端子を経由すれば、アイ・オー・データ機器「RecPot」などのHDDレコーダーなどと番組のやりとりも可能だ。うまく活用すれば、DVD/HDDレコーダーからBDレコーダーへの「データのお引越し」も手早く完了させることができるぞ。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画