このページの本文へ

夏休みはアニメ漬け! 7月開始アニメ大特集 第1回

1年振りにルイズ登場!この夏も美少女アニメが見逃せない!?

2008年07月01日 20時00分更新

文● コンテンツ計画

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今期のテーマは“ラブ&エロ”!?
「ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~」キャストインタビュー

──作品について(前シリーズからの方は第3シリーズを迎えるにあたっての感想、今回から参加される能登さんはこの作品の感想を聞かせてください。

ルイズ

釘宮理恵さん(ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール役)
 第3期が始まるのはもう本当にすごく幸せだなと思っていて、応援してくれている方々には心から感謝しています。みなさんの応援があって初めて3期を無事に幕が上げられたというか、みなさんにご恩返しができるように精一杯がんばらなければと思っています。

平賀才人

日野聡さん(平賀才人役)
 第3期まで続くのは珍しいことで、やっぱりお客さんがたくさん応援してくださったからこうやってできると思います。2期もそうだったんですが、毎回それを感じながら演じさせていただいています。 毎年この時期になると「ゼロの使い魔」をやらせていただいているので「夏といえば「ゼロ」!」みたいなのが今後も続けていけるように、お客さんに楽しんでもらえるような作品になるようにこの3期もまたがんばっていきます。

シエスタ

堀江由衣さん(シエスタ役)
 私も第3期まで続いた作品って初めてなので、心から嬉しく思っています。みなさんありがとうございます。 やっぱりなぜか夏に「ゼロの使い魔」が始まるので、なんか今年も夏が来るんだなと思って楽しみにしています。 1期・2期で色々な展開があったので、第3期がこれからどういう展開になっていくのか、私も楽しみにしています。

ティファニア

能登麻美子さん(ティファニア役)
 2期の最終回に妖精という役で参加させていただいて、それが今期に繋がる布石だとはその時にはわからなかったので、何もわからないまま収録に参加していました。3期に加われるということがわかってホントに嬉しかったです。 人気がある作品だとはうかがっていて、何度か放送で観たことはありますが、すごくパワフルな作品なので、今回もがんばってみんなについていきたいと思っています。

タバサ

いのくちゆかさん(タバサ役)
 ホントに3期をまたやることができて非常に嬉しく思っています。いつも打ち入りの時から次のシリーズまでがんばりましょうみたいな話が出ているので、ホントに実現して感動しております。 シリーズごとに色が違うので、今回はどんな色になっていくのか楽しみです。

キュルケ

井上奈々子さん(キュルケ役)
 第3期があるというのを聞いて、楽しみだなというのと、観てくださっている方々に感謝しなきゃいけないなと思いました。それからタイトルを楽しみにしていて、「プリンセッサ」という「三」の字の入っているタイトルだったので、3人の姫さまは誰なんだろう?って思っています。 1話のアフレコの時に相変わらずの可愛いルイズといつもの才人がいて(笑)、テンポもすごくよくて「ゼロ~」はこうでなくっちゃなというのがたくさんあったので、みなさんにもそういうのを楽しみにしていただきたいなと思いました。

──キャラクターについて(前シリーズ:ご自身のキャラに望むこととか、こう観て欲しいというのがあれば/能登さん:ご自身のキャラクターと魅力)を教えてください。

【釘宮】  3期になってこれまでと変わらず、才人にヤキモチを妬いて怒っていると予想を立てていたんですけども、ここにきてちょっと急にルイズが迷走というか暴走を始めていて、またこれは新たな魅力になるのか、これまで応援していただいた方に「ルイズ大丈夫かな?」って心配されてしまうのかと思っています。
 ちょっとだけ、ゆる~いおバカさんになっていて、そこは演じて楽しい部分でもありますし、才人への想いが募ってとうとうそんな領域になってしまったのかなと思うと、なんだか感慨深いですね。今後はそういうのびのびとしたルイズの一面も描きつつ、最終的には幸せになって欲しいなと思っています。

【日野】  才人は3期に入ってもルイズへの気持ちは二期と変わってなくて、逆にずっと一緒にいたいがために、結婚を言い出せなくなっている同棲カップルのようで「なんだよ、言わなくてもわかるじゃん」っていうような雰囲気になっちゃっていて……。それに対してルイズがイラっとしていたり、ティファニアという新しい仲間が入ってきて、ちょっと面倒をみていると、それを見てルイズが嫉妬でちょっとおバカちゃんになったりしています。
 才人は相変わらず、1期、2期を通して女性のお胸が大好きなのは変わらないので、そこはまた楽しんでいただけたらと思っています。今後望む展開は、やっぱりルイズへの気持ちはどこかでハッキリ伝えるところはあるのかな?と予想しています。

【堀江】  シエスタはルイズや才人さんと馴染んでいくのに従って、自分の才人さんへの想いが爆発しつつあるというキャラクターなんですが、3期を迎えて新たなポジションがシエスタに用意されているんです。今まで学院のメイドだったのが、ようやく才人さんのメイドになれるということが最初にあったので、新たなポジションになってここからまたシエスタはどう才人さんに向かっていくのか、どうルイズやティファニアとバトルを繰り広げていくのか、その辺りが楽しみだなと思います。

【能登】  ティファニアは母と死に別れて、ずっと一人で暮らしていたのが、才人と再会してみんなの生活に入っていくというキャラクターで、とても無邪気な、それでいて悪気なく周りをかき回していくポジションなので、その辺りを観て欲しいです。 この人はなんといっても胸が本物かというぐらい非常に大きくて、ティファニアの一つのセールスポイントだと思うんですけど。そういうことを巡っても話に絡んでくるのではないかな?と思っています。

【いのくち】  タバサは相変わらず口数が少ない子で、単語会話をしています。今後のことも全く予想がつかないんですけれども、学院に平和が訪れ、そんな中で生きてます。 後半は活躍するらしいです。私も非常に楽しみにしているんです。 どういう風に展開していくのか、絶対周りが頑張ってくれて、タバサは一歩引いて、あっ……ていう感じなんだろうなって感じです。 貧乳というポジションで無口キャラを守りつつ、この中で数々の話題を見せて、成長していければいいなと思っています。

【井上】  1期ではルイズをライバル視していて、けっこう意地悪をしていたりしたんですが、2期ではちょっと離れてみるお姉さん的存在だったので、3期もそのポジションなのかなと思っていました。3期はこの辺かな?と思って原作を読んでいてたら、改めてキュルケはなんていい女なんだろうって。
 ホントに友達思いだし、タバサのこともホントに唯一無二の存在と思っているんです。タバサを助けたり、ルイズともさらに友情を深めていくんだなと思っていていて、その辺がどう描かれるかわからないんですけれども、演じるときにはその辺も頑張りたいなと思っています。友情を深めていきたいなと。

→アフレコ時の裏話など、トークはまだまだ続く!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ