このページの本文へ

iTunes、ニューウェーブ/ポストパンクバンドLillies and Remainsの「Moralist S.S.」を無料配信

絶賛、京都のジョイ・ディヴィジョン!?

2008年05月07日 01時40分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iTunes(株)(アップルジャパン(株))は7日、同社がセレクトするフレッシュな無料配信楽曲「今週のシングル」として、Lillies and Remainsの「Moralist S.S.」を公開した。配信期間は5月13日まで。

Lillies and Remains
Lillies and Remainsのメンバーは、KENT(ボーカル兼ギター)/FURUSAWA(ギター)/YOSHIAI(ベース)/MA-SA(ドラム&パーカッション)──の4人

Lillies and Remainsは、同じ大学に通う4人で結成されたバンドで、'06年から京都を中心に活動を開始。金属音のようなギターサウンドが特徴的なニューウェーブ/ポストパンクサウンドは、日本のジョイ・ディヴィジョンと絶賛されている。確かに、配信曲の「Moralist S.S.」を聴くと、「これ日本人なの!? ほんとにジョイ・ディビジョンだ」と納得できる。

デビューアルバム「Moralist S.S.」 5月10日に発売されるデビューアルバム「Moralist S.S.」。価格は1680円。アルバムタイトルと同名の今回の配信楽曲がオープニングを飾っている

ボーカル兼ギターのKENTに、今回の配信楽曲でもありアルバムタイトルでもある「Moralist S.S.」について聞くと、「この曲は'07年の8月にできたものです。ギグのときに映える曲を作ろうと思ったのがきっかけ。この曲では、今Lillies and Remainsで表現しているさまざまな音楽的要素をうまく1曲の中に落とし込めたと思います」と答えてくれた。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中