このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

インテル、携帯機器向け超低消費電力CPU「Intel Atomプロセッサー」を発表

2008年04月02日 18時05分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル(株)は2日、携帯型インターネット機器(Mobile Internet Device:MID)や組み込み機器向けの超低消費電力CPU「Intel Atomプロセッサー」5製品と、同CPUにチップセット(SCH)を組み合わせたプラットフォーム「Intel Centrino Atom プロセッサー・テクノロジー」を発表した。CPUとチップセット合わせて平均1W程度と、非常に低い消費電力を特徴とする。

Intel Atomプロセッサー Intel Centrino Atom プロセッサー・テクノロジー
「Intel Atomプロセッサー」のロゴマーク「Intel Centrino Atom プロセッサー・テクノロジー」のロゴマーク

 発表されたCPUは、最新のCore 2 Duoプロセッサーなどと同じ45nmプロセスで製造された、コード名「Silverthorne」と呼ばれていたCPU。PC用CPUと同じ32bit x86命令をサポートする(当然Windows Vista/XPも動作する)が、PC用CPUの小型・低消費電力版ではなく、MID用途向けに新規に設計されたCPUとなっている。

Atomプロセッサーのパッケージ Atomの製造に使われる300mmウエハー
Atomプロセッサーのパッケージ。縦13mm、横14mmと、1円玉よりも小さい Atomの製造に使われる300mmウエハー。1枚のウエハーから約2500個が取れるという

 CPUコアは1基だが、FSBクロック周波数533MHzの上位品は、1コアで複数スレッドを並列動作させる「Hyper-Threading Technology」(HT)に対応する。トランジスター数は約4700万個、ダイサイズは約24mm2(7.8×3.1mm)と、45nmプロセスで製造されるインテルCPUの中では最小のCPUとなっている。ラインナップは以下の5種類(価格は、1000セット受注時の1セット当たりの価格)。

Atomプロセッサーのダイ写真
Atomプロセッサーのダイ写真。縦3.1mm、横7.8mmと、非常に小さい
プロセッサーナンバー Z500 Z510 Z520 Z530 Z540
動作周波数 800MHz 1.1GHz 1.33GHz 1.6GHz 1.86GHz
2次キャッシュ 512KB
FSB 400MHz 533MHz
HT対応 非対応 対応
TDP 0.65W 2W 2.4W
平均消費電力 160mW2 220mW2
アイドル時消費電力 80mW 100mW
価格(CPU+SCH) 4530円 6550円 9570円 1万6110円

Atomプロセッサーの主な特徴 Atomプロセッサーの主な特徴

 同時に発表されたチップセットは、「インテル システム・コントローラー・ハブ」と呼ばれるもので、同社のウェブサイトによれば、「UL11L」「US15L」「US15W」の3種類のバリエーションが存在する。SCHには、DDRメモリーコントローラーや3Dグラフィックス機能(DirectX 9LとOpenGL対応)、HDオーディオやI/Oコントローラーなど、PCのノースブリッジ(ICH)とサウスブリッジ(ICH)の機能が統合されている。さらに、グラフィックス機能には1080i・720pのHDビデオデコード支援機能も搭載されているため、Centrino Atom採用マシンではHDビデオの再生が可能としている(UL11Lはのぞく)。

インテル システム・コントローラー・ハブ SCHの特徴
Centrino Atomのチップセット「インテル システム・コントローラー・ハブ」SCHの特徴。メモリーにグラフィックス、I/Oなど、チップセットの機能をすべて備える。
AtomのCPUとSCHを並べて AtomのCPU(左下)とSCHを並べて。多くの機能を集積している分だけ、SCHの方が大きい

 ちなみに、PCでの「Centrinoプロセッサー・テクノロジー」では無線LANモジュールも規定されているが、Centrino Atomでは無線LANモジュールは規定されていない。これは、MIDの場合、製品の機能やターゲット市場によって、必要となる無線通信機能が異なるためと思われる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン