このページの本文へ

RSSで外部システムとも連携、ドリーム・アーツがEIPの新版

2008年03月17日 18時25分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ドリーム・アーツは、大企業向けEIP構築ソフトの最新版「INSUITE Enterprise ver.2.2」を発表した。


Visuta/IE 7にも初対応


 「INSUITE Enterprise」は、グループウェアやナレッジマネジメントの機能を統合したEIP(企業情報ポータル)構築ソフト。最新版では、RSSリーダーを新たに追加したのが特徴だ。

RSSで外部システムとも 連携、ドリームアーツがEIPの 新版
「INSUITE Enterprise ver.2.2」の画面

 新機能のRSSリーダーでは、外部のシステムやオンラインサービスが発信する情報を取り組み、ポートレットの一つとして表示する。社内外の更新情報をリアルタイムに入手するだけでなく、社内のファイルサーバや業務アプリケーションとの疎結合も可能となる。

 また、新たにWindows Vista/Internet Explorer 7に正式に対応したほか、30以上の機能を追加・拡充した。

 ライセンス価格は、10クライアントパック15万円から。既存ユーザーに対しては無償で提供される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ