このページの本文へ

河童のクゥとヱヴァがこぞってW受賞に――第七回 東京アニメアワード受賞作品発表

2008年02月27日 20時58分更新

文● 千葉英寿

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月27日~30日に東京・有明の東京ビッグサイトで開催が予定されている「東京国際アニメフェア2008」に合わせて、東京国際アニメフェア実行委員会は25日、アニメーション作品のコンペティション「第七回 東京アニメアワード」の受賞作品を決定、発表した。ノミネート作品部門の大賞に当たる[アニメーション オブ ザイヤー]には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」(監督:庵野秀明)が、公募作品部門では台湾のHelen Huang氏の「Adventures in the NPM」がグランプリを受賞した。受賞作品の表彰式は、東京国際アニメフェア2008の会場で行なわれる。



文化庁メディア芸術祭の借りを返した?
ヱヴァ新劇場版が大賞を獲得!


 東京アニメアワードは今回で第7回を迎えるアニメ作品の祭典。過去1年間に国内で放送・上映・販売されたアニメーション作品の中から優れた作品を選定する「ノミネート作品」部門と、アニメ業界の新しい才能・人材発掘を目的とし、全世界から広くアニメーション作品を一般から募集する「公募作品」部門の2つがある。

 今回のノミネート作品部門では、[アニメーション オブ ザイヤー]に2007年の公開作品で、観客動員数100万人を超える大ヒットを記録し、再び社会現象ともなった劇場公開アニメーション作品「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」が獲得した。監督の庵野秀明氏は個人賞の監督賞も受賞した。先頃行なわれた「第11回文化庁メディア芸術祭」(関連記事)のアニメーション部門では、大賞は同じく劇場公開作品の「河童のクゥと夏休み」(監督:原 恵一)が受賞したが、東京アニメアワードでは観客動員数で上回り、広く一般にも認知される人気作品で、興行的な成功を収めた、いわばヒット作が受賞する形となった。なお、「河童のクゥと夏休み」は国内劇場部門優秀賞と原監督が脚本賞をWで獲得している。

 テレビ部門では、いずれもメディア芸術祭でも優秀賞を受賞した「電脳コイル」(原作・脚本・監督:磯 光雄)と「天元突破グレンラガン」(監督:今石洋之)が優秀賞に選ばれた。OVA部門では「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」で作画監督を担当した(株)スタジオジブリ出身の高坂希太郎氏が監督した「茄子アンダルシアの夏」の続編「茄子スーツケースの渡り鳥」が獲得した。海外劇場部門の優秀賞は、米ウォルト・ディズニー/ピクサー・アニメーション・スタジオ制作の「レミーのおいしいレストラン」が受賞した。

 個人賞では、前述の通りアニメーション オブ ザイヤー/優秀賞のスタッフ陣が“脚本”、“監督”、および“キャラクターデザイン”(錦織敦史「天元突破グレンラガン」)の各賞を押さえたが、「鉄コン筋クリート」が“原作”(松本大洋)、“美術”(木村真二)を獲得するなど健闘した。また“声優”では現在放送中の「機動戦士ガンダム00」の刹那・F・セイエイ役などの宮野真守氏が、“音楽”はパチンコのCMで誰もが耳にして口ずさむことも少なくなかった「劇場版アクエリオン」を担当した菅野よう子が受賞した。

 受賞作品の表彰式は、3月29日に「東京国際アニメフェア2008」の会場で開催されるが、一般招待者の募集も行なうとのことだ。世界に発信する日本のアニメーション界のキーマンが勢ぞろいする授賞式だけに興味のある方は、同イベントの公式ウェブサイト(関連サイト参照)で公開される予定の募集告知をチェックしてみてほしい(文中敬称略)。



東京国際アニメフェア2008
第7回東京アニメアワード受賞作品


<ノミネート作品>

[アニメーション オブ ザ イヤー]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
[優秀賞]
テレビ部門:電脳コイル/天元突破 グレンラガン
OVA部門:茄子スーツケースの渡り鳥
国内劇場部門:河童のクゥと夏休み
海外劇場部門:レミーのおいしいレストラン
[個人賞]
原作:松本大洋(鉄コン筋クリート)
監督:庵野秀明(エヴァンゲリヲン新劇場版:序)
脚本:原 恵一(河童のクゥと夏休み)
キャラクターデザイン:錦織敦史(天元突破グレンラガン)
美術:木村真二(鉄コン筋クリート)
音楽:菅野よう子(劇場版アクエリオン)
声優:宮野真守(機動戦士ガンダム00/DEATH NOTE)

<公募作品>

[グランプリ]
「Adventures in the NPM」/Helen Huang(台湾)
[一般・優秀賞]
「Ark」/Grzegorz Jonkajtys(ポーランド)
「The Lost Puppet」/moin samadi(イラン)
[学生・優秀賞]
「THE CLOCKWORK CITY」/加藤 隆(日本)
「BistRobot」/Alexandre MARCHAND(フランス)

配付資料に訂正がありましたので、[学生・優秀賞]の「BistRobot」の作者名を訂正しました。(2008/02/29)

[特別賞]
「Christmas in Taxi」/Young-kwang Jo(韓国)
[企業賞]
A.I.I賞:「コルボッコロ」/糸曽賢志(一般・日本)
TOKYO MX賞:「JIRO AND MIU」/仁藤 潤(学生・日本)
東京ビッグサイト賞:「ラブ・ローラコースター」/宋 美善(一般・日本)
日経エンタテインメント!賞:「BLOCK MAN」/村越陽平(一般・日本)
[入選(学生のみ)]
「mama & marmalade & me』/山下順平(日本)
「雲の人 雨の人」/上甲トモヨシ(日本)
「フライパンの上のたまご」/吉田直弘(日本)
「大喜利戦隊アイウエオー」/日本工学院クリエイターズカレッジ・文化放送(日本)

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ