このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソニー、画像エンジンやリモコンなどを強化した液晶TV「ブラビア」の新シリーズ11機種を発表

2008年02月21日 20時45分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー(株)は21日、液晶テレビ「BRAVIA」シリーズの新シリーズとして、ブラビアシリーズ最薄の27mmという「F1」シリーズなど4シリーズ11機種を発表した。価格は全機種オープンプライス。

 ラインナップは、F1シリーズが3機種、同社独自の120Hz倍速表示技術「モーションフロー」を搭載した「V1」シリーズ3機種、セカンドTV向けに4色のカラーバリエーションを用意した「J1」シリーズ3機種、若年層や女性向けをターゲットとして、コンパクトな筺体デザインと6色のカラーバリエーションを用意した「M1」シリーズ2機種の計11機種となる。

F1シリーズ F1シリーズ

 全機種共通の特徴として、画像処理エンジン「ブラビアエンジン」を強化し、暗いシーンではシャープネスを押さえるといった、シーンごとの動きや明るさに応じてノイズを低減する新画像処理エンジン「ブラビアエンジン2」を搭載している。

 また、毎秒24コマのフイルム映画を、毎秒60コマに変換することなく24コマのままで再生できる「24p True Cinema」を搭載。これにあわせて、画質モードに映画鑑賞に適した画質モード「シネマ」を追加している。

おき楽リモコン おき楽リモコン

 32V型(32インチワイドサイズ)以上のモデルには「シンプルリモコン」のほかに、2.4GHz帯の無線通信を採用した「おき楽リモコン」を同梱する。リモコンには新たに、HDMI接続された周辺機器を一括表示する「リンクメニュー」を追加。それぞれのリモコンを個別に使うことなく、リモコン1つで周辺機器を操作できるという。



F1シリーズ


壁寄せスタイルイメージ 壁寄せスタイルイメージ

 一般的に、液晶テレビを壁掛けする際には、壁の補強や設置工事が必要など、なにかと面倒が多く敬遠されていた。F1シリーズは、ブラビア全機種中最薄の額縁約27mmのフレームラインというスタイリッシュなデザインを採用。さらに、別売の壁寄せスタンド「SU-FL71M」(4万9350円)と組み合わせた「壁寄せスタイル」の実現により、新たな設置スタイルを訴求するという。

 画面サイズは46V型の「KDL-46F1」を筆頭に、40V型「KDL-40F1」32V型「KDL-32F1」の3モデル。カラーバリエーションは、見る角度によって色合いが変わる新光沢塗装「サファイアブラック」と、押し出しアルミを使用した「シルバー」の2色を用意する。スピーカーは10W+10Wで、KDL-46F1は20Wのウーファーも内蔵している。

 製品の主な仕様は次のとおり。発売日は3月25日。

KDL-46F1
パネルサイズ:46V型、1920×1080画素|チューナー:地上/BS/110度CSデジタル放送チューナー、地上アナログ放送チューナー
主な端子類:HDMI入力(1080p対応)×3、D5入力×2、アナログRGB入力(D-sub 15ピン)×1、S2ビデオ入力×1、ビデオ入力×2、10/100BASE-TX LAN
サイズ(スタンド含む、以下同):幅107.9×奥行き30.7×高さ73.4cm|重量:22.5kg|消費電力:268W
予想実売価格:40万円前後
KDL-40F1
パネルサイズ:40V型、1920×1080画素|サイズ:幅94.4×奥行き27.9×高さ65.4cm|重量:18kg|消費電力:215W|チューナー、端子類はKDL-46F1と同等
予想実売価格:29万円前後
KDL-32F1
パネルサイズ:32V型、1366×768画素|サイズ:幅75.4×奥行き24.2×高さ54.4cm|重量:12kg|消費電力:133W|チューナー、端子類はKDL-46F1と同等
予想実売価格:20万円前後


M1シリーズ


M1シリーズ
ピンク ピンク×ピンク
ピンクスペシャルカラーエディション「ピンク×ピンク」

 若年層や女性を主なターゲットにしたというM1シリーズは、豊富なカラーバリエーション展開を売りとしたシリーズである。カラーバリエーションは「シルバー」「ブラック」「ピンク」「ブルー」「オレンジ」「グリーン」の6色。さらに、ベゼル部分の色だけではなく、液晶パネル下部のループ部分に同系色の色かシルバーを組み合わせて、計8色のカラーを選択できる「スペシャルカラーエディション」も用意している。

 画面サイズは20V型「KDL-20M1」、16V型「KDL-16M1」の2モデルを用意する。主な仕様は以下のとおり。発売日は3月25日で、スペシャルカラーエディションが3月下旬の予定。

KDL-20M1
パネルサイズ:20V型、1366×768画素|チューナー:地上/BS/110度CSデジタル放送チューナー、地上アナログ放送チューナー
主な端子類:HDMI入力(1080p対応)×2、D5入力×2、アナログRGB入力(D-sub 15ピン)×1、S2ビデオ入力×1、ビデオ入力×2、10/100BASE-TX LAN
サイズ(スタンド含む、以下同):幅52.9×奥行き16.9×高さ39.6cm|重量:7.4kg|消費電力:67W
予想実売価格:11万円前後
KDL-16M1
パネルサイズ:16V型、1366×768画素|サイズ:幅43×奥行き17×高さ34.1cm|重量:5.3kg|消費電力:56W|チューナー、端子類はKDL-20M1と同等
予想実売価格:9万円前後

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン