このページの本文へ

解像度4000dpiに対応したRazer製ゲーミングマウス「Lachesis」登場!

2007年11月29日 21時00分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲーミングマウスの人気メーカーであるRazerから、新作「Lachesis」が登場。明日30日(金)から販売が開始される。

「Lachesis」(ELITE) 「Lachesis」
解像度4000dpiに対応したRazer製ゲーミングマウス「Lachesis」。写真左上の「ELITE」と書かれたシールは特約店のみに貼ることが許されている。秋葉原地区ではメッセサンオー、アーク、フェイスの3店舗のみ

 「Lachesis」は、「Razer 3G Laser Sensor」という第3世代のレーザーセンサーを搭載することにより、最大4000dpiまで解像度を設定できる点が特徴。また、マウス本体に32kBメモリを搭載し、ホイールボタンを含む9個のボタンすべてがカスタマイズ可能だ。なお、解像度は「On-the-fly DPI」機能によりゲームプレイ中でも任意に設定の変更が可能となっている。本体カラーはブラックだが、発光の違いで白と青の2種類をラインナップしている。予価はメッセサンオーカオス館とアークで1万290円となっている。

本体 仕様
マウス本体に32kBメモリを搭載し、ホイールボタンを含む9個のボタンすべてがカスタマイズ可能だ。なお、解像度は「On-the-fly DPI」機能によりゲームプレイ中でも任意に設定の変更が可能
表 裏 左サイド
「Lachesis」表「Lachesis」裏「Lachesis」左サイド

 なお、「Lachesis」とは、ブッシュマスターと呼ばれる南北アメリカ大陸に生息する最大の毒蛇とのこと。ヘビをモチーフにしたロゴマークを持つ同社のフラッグシップモデルらしいネーミングといえるだろう。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中