このページの本文へ

「鎌ベイアンプ」に続きオンキヨー「SE-90PCI」もコンデンサチューン!

2007年11月14日 23時15分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週発売されたサイズ「鎌ベイアンプ」のコンデンサチューンに続き、オンキヨー「SE-90PCI」もBLESS秋葉原本店ショップスタッフがコンデンサチューンを施し店頭デモを開始した。

デモ 先週発売されたサイズ「鎌ベイアンプ」のコンデンサチューンに続きオンキヨー「SE-90PCI」もBLESS秋葉原本店ショップスタッフがコンデンサチューンを施し店頭デモを開始

 改造内容は、「鎌ベイアンプ」のコンデンサチューン同様搭載されたコンデンサをルビコン製「Black Gate」などの高級タイプに交換し、さらにオペアンプの交換も行なったという。
 改造を行なったスタッフによれば、「今回交換したコンデンサによりクリアな音を実現できた。オペアンプの選択によって、ロック向けにも、クラシック向けにも音質を変更できる」とのことだ。なお、「SE-90PCI」本体を除く改造費は約4000円程度とのこと。

 なお、本日の取材中はチューンした「SE-90PCI」に換装したところで、音質に劇的な変化は生じなかったが、閉店後の調整で「RCAセレクタ」「スーピカーセレクタ」を外し、ケーブルをスマートに配線し直したところ音質の変化を劇的に感じることができたという。
 この改造バージョンの「SE-90PCI」や、先週登場したオンキヨー製外付けオーディオユニット「USBデジタルオーディオプロセッサー」、改造「鎌ベイアンプ」などを試聴することができるので聴き比べをしたい人は同店まで足を運んでみてはいかがだろうか。

本体 ポップ
改造内容は、「鎌ベイアンプ」のコンデンサチューン同様搭載されたコンデンサを高級タイプに交換し、さらにオペアンプの効果も行なったという

 また、来週以降オンキヨーの上位モデル「SE-200PCI」をコンデンサ・オペアンプ換装チューンしたバージョンもデモ予定とのことだ。

「SE-200PCI」本体 ルビコン「Black Gate」
オンキヨー「SE-200PCI」を使用したコンデンサ・オペアンプ換装チューンバージョンも用意中で来週以降デモ予定とのこと

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中